現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 獣害対策 >
  5. 獣害対策研究 >
  6.  大台町滝広地区
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農業研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

大台町滝広地区

  1. 集落での被害地図作り
    住民が被害地図を自分たちで作ることで、被害対策に取り組もうとする意識を共有しました。
    被害地図作り
    写真提供:NPOサルどこネット
  2. 被害状況のアンケート調査
    集落内の農地の被害状況や対策の実施状況などを調査し、それを図示すことで、被害が集中する農地や被害対策ができていない場所の情報などを共有しました。
    被害状況を図示した地図
  3. 集落ぐるみでの追い払い
    サルの対策としては、集落全体での追い払いを進めました。
    発信機による位置情報をもとに、花火の発射装置なども工夫して、積極的に追い払いをしています。
    花火発射装置
  4. 集落を囲う柵の設置
    イノシシ、シカの対策として、集落全体を柵で囲いました。
    作業は集落住民が出合い作業で行うためコストも削減できました。
    柵の設置
  5. 獣害対策を「地域づくり」へ
    出合い作業などの後には、イノシシ鍋などで懇親会。
    獣害対策をマイナスだけではなく、集落が結びつくきっかけの1つにしています。
    懇親会
  6. 獣害対策の進捗状況
    1年間の活動のあと、集落の被害調査を行ったところ、前年にくらべ、被害は大幅に減少しました。
    獣害対策の進捗状況

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農業研究所 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6354 
ファクス番号:0598-42-1644 
メールアドレス:nougi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051648