現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 農業研究所 >
  5. お知らせ >
  6.  低リン米が商品化されました!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農業研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

低リン米が商品化されました!

 「低リン米」の商品化と販売開始 

  ~透析患者向けの、リン含有量を4割以上低減した、お米の加工技術を開発~ 

三重県では、食品メーカー、研究機関、医療機関等と連携して、農産物が持つ機能性を活用し、健康づくりに貢献できる食材の開発を進めてきました。

現在、透析が必要な患者さんは県内に約4千人、全国で約30万人、腎機能の低下した慢性腎臓病患者の方は全国で約1,300万人いると言われ、食事療法において、症状によってはリンやカリウムの摂取が制限されています。また、骨粗しょう症の患者さんは全国で約1,280万人いると言われています。

こうしたリンの摂取が制限される方、骨密度低下が気になる方の食生活の向上に役立てるため、三重県農業研究所、株式会社ミエライス、株式会社サタケの共同研究により開発、商品化しました。

 

 低リン米の開発については、精米工程、精米歩合に改良を加えること等により、味を落とすことなく、リンやカリウムの含有率を通常米の4割以上低減させることに成功し、特許出願を行いました。

この方法では、独自開発の精米製法を用いたことで、通常米と同様に生鮮品として販売でき、化学処理のため加工品に分類される既販の低リン米に比べ、価格が1/2から1/3程度(通常米比1.3倍程度)と廉価で、食味が良いことがあげられます。また、原料とする米の品種は、県産米の中で最もリンの含有量が少なくなった三重県の育成品種「みえのゆめ」を使用しています。

商品化された低リン米は、平成26年6月9日から、株式会社ミエライスの宅配システム「宅米サービス」により、3,000円/5kgでの宅配注文受付が開始されます。

 低リン米リーフレット

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農業研究所 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6354 
ファクス番号:0598-42-1644 
メールアドレス:nougi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051906