現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 森林・林業 >
  4. 林業研究所 >
  5. 研究情報 >
  6. 研究課題・研究評価 >
  7.  平成31年度実施の研究課題
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 林業研究所  >
  4.  企画調整課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

実施中の研究課題

試験研究の基本方針

 森林は、県土の3分の2を占め、木材の生産をはじめ、水源涵養や地球温暖化防止、県土保全、保健休養など様々な形で我々の生活に関わっており、森林の有するこれらの機能を持続的に活用することは大きな課題となっています。
 三重県林業研究所では、「三重の森林づくり基本計画」で示された研究推進方向、「三重県林業研究所研究推進方針」で定めた基本方針に従い多様化する県民のニーズに対応した研究の推進と実用的な技術の開発を行い、その成果の実用化・商品化を進めるとともに、情報の収集・提供を行うことで、林業・木材産業の振興はもとより、県民生活の安全・安心の確保、環境の保全に寄与することを目指しています。

 平成31年度に行う試験研究課題は、以下のとおりです。

 

試験研究課題

林業技術開発事業

課題名 No.1 農地におけるニホンジカ集中捕獲後の低密度状態維持のための捕獲モデルの検証
期間 平成31年度
目的  農地周辺でICTを活用した大型囲い罠による集中捕獲を行い、シカ生息密度が低下した集落において、農地及び周辺森林の低密度状態を維持するための農林併行捕獲の有効性を検証します。
課題名 No.2 外菌根菌を活用したクヌギ・コナラコンテナ苗生産技術の開発
期間 平成31年度
目的  クヌギ、コナラの原木はきのこ栽培用として需要が高いが、近年、供給量が十分ではなく県内でも不足してきていることから、今後、安定的に原木きのこ栽培を継続するためには、クヌギ・コナラの苗木を用いた造林が必要です。
 そこで、成長が早く、病虫害や気象害に強い苗木を作るため、養分吸収の補助や病害抵抗性の向上等の効果が期待できる外菌根菌をコンテナ育苗において関便かつ効率的に接種する技術の開発と外菌根菌の接種が苗木の成長量や活着能力に与える影響を明らかにします。

林業普及指導事業

課題名

No.3 県産ヒノキ中径材から採材されるラミナのヤング率推定技術の開発

期間 平成30~31年度
目的  県産ヒノキ中径材から採材されるラミナの木取り位置別の曲げヤング率と丸太の縦振動ヤング率の関係を調査し、必要とされる曲げヤング率以上のラミナを効率よく取得する際の縦振動ヤング率による丸太の選別基準とラミナの木取り位置基準を明らかにします。
課題名 No.4 スギ・ヒノキエリートツリーのコンテナ苗木生産技術の開発
期間 平成30~32年度
目的  コンテナ苗の生産における作業の省略や効率化、育苗期間短縮、得苗率の向上に関する試験を行うとともに、生産コストの分析を行うことで、スギおよびヒノキのコンテナ苗を効率的かつ安定的に生産する技術を開発します。
課題名 No.5 原木流通効率化のための需給マッチングシステムの開発
期間 平成31~33年度
目的  原木市場における取引の効率化により流通、調達、在庫管理コストの縮減を行うために、原木市場が荷主・買い方に対して受発信する原木需給情報の集約・規格化方法の提案および需給マッチングシステムの開発を行います。
課題名 No.6 三重県における早生樹種の育成技術の開発
期間 平成29~31年度
目的  センダン、外国マツについて、植栽試験、過去の植栽地の調査など行い、三重県におけるこれらの樹種の造林樹種としての適性、植栽適地を明らかにするとともに、育成技術を開発します。今年度は、一昨年度設定したセンダン植栽試験地において追跡調査を行い、初期成長特性を明らかにします。また、これまでに実施した53~55年生外国マツ林における毎木調査と樹幹解析データ等から直径成長予測技術、密度管理技術を開発します。
課題名 No.7 高品質化を目指したきのこ栽培技術の開発
期間 平成31~33年度
目的  流通量が少なく、商品性の高いきのこであるササクレヒトヨタケの優良系統の選抜及び培地条件、発生処理方法等を検討し、高品質かつ安定的に生産可能な技術を開発します。
 

みえ森林・林業アカデミー設置・運営事業

1.アカデミー講座運営事業
 職場で担う役割に応じた育成コース(ディレクター育成コース、マネージャー育成コース、プレーヤー育成コース)、市町職員を対象とした講座、専門的、実践的な知識、技術向上を集中的に行う選択講座などの運営を行うとともに、次年度の運営計画(カリキュラム作成、講師人選、募集要項等)等を実施します。

2.アカデミー施設整備事業
 アカデミーで実施する講座に必要な研修機器の整備等を実施します。

3.アカデミー講師人材育成・カリキュラムブラッシュアップ事業
 アカデミー講座の一部を担える講師人材を育成することを目的に、架線主任技術者免許取得講習、伐木業務の特別教育、刈り払い業務の安全衛生教育などの講座受講や研修会への参加等を促進し、得られた知識、技術などを活用して講師を務め、アカデミー講座等へ反映します。
 また、カリキュラムのブラッシュアップを目的に、調査、研究(大学等との共同研究を含む)を実施するとともに、得られた知見等を講座に反映します。

・低コストで壊れない森林作業道作設支援マップの開発
 「丈夫で簡易な森林作業道」を主体とした高密度路網の整備を進めるため、作業道の作設難易度について、傾斜や起伏などの地形や表層地層、過去の災害時の気象データなどにより色分けした三重県版森林作業道作設支援マップを開発します。

・県産材を活用した高耐力のスギ厚板張り床構面の開発
 県産材の利用を促進するため、これまであまり活用されていなかった床構面において、県産スギ厚板を用いた高耐力の厚板張り床構面を開発します。

4.三重県木造化建築士育成推進事業
 木材の需要拡大を図るうえで、中大規模建築や非住宅等の木造設計を行える人材(建築士等)が不足していることから、これらの人材の養成を行う選択講座を開催します。
 また、木使いが行える将来の建築士の育成を目的に、工業高校の生徒等を対象とした林業・木材産業の現場体験ツアーなどを実施します。
 なお、本事業の執行は、森林・林業経営課がアカデミー運営課と連携して実施します。

災害に強い森林づくり推進事業(事業効果検証に係る調査・研究事業)

 「みえ森と緑の県民税」を財源とした「災害に強い森林づくり推進事業」の一環として行われている「災害緩衝林整備事業」において、事業実施効果の検証を目的として下記の調査を実施します。

1.樹木根系による斜面安定効果調査
 山腹部における調整伐の崩壊防止力に及ぼす効果を検証するために、事業実施地等において根系分布調査と引き抜き試験を行い、崩壊防止力を明らかにします。

2.UAV(Unmanned Aerial Vehicle:無人航空機 通称ドローン)を用いた森林モニタリング調査
 調整伐による立木の肥大成長促進や健全性向上の効果を検証するために、UAVにより事業実施地における調整伐後の森林状態をモニタリングします。

3.整備森林における危険木発生状況調査
 渓流部における危険木除去の効果を検証するために、事業実施渓流における豪雨後の危険木、流木発生状況の調査、近接する未整備流域との比較調査等を行います。

優良種苗確保事業(林木育種事業)

 県内で選抜された精英樹クローン等により造成された採種園と県内外の精英樹、在来クローン等を集植した原種採穂園の管理を行っています。また、平成25年度から造成しているスギ、ヒノキのエリートツリー、特定母樹によるミニチュア採種園等の育成管理を行うとともに、少花粉スギ等の種子採取を実施します。
 

森林病害虫等防除事業(マツノマダラカミキリ発生予察事業等)

 マツクイムシ被害防除のための殺虫剤予防散布時期をより的確に把握するため、県内2カ所のマツ林から、マツノマダラカミキリ寄生木を採取し、4月下旬から成虫脱出日まで割材して幼虫の生育状況を調査し、成虫脱出後7月中旬までは成虫の脱出消長を調査します。
 また、カシノナガキクイムシによる被害発生状況を治山林道課、各農林(水産)事務所と協力して調査します。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 林業研究所 企画調整課 〒515-2602 
津市白山町二本木3769-1
電話番号:059-262-0110 
ファクス番号:059-262-0960 
メールアドレス:ringi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000226916