現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 沿革・研究所の百年 >
  7.  016:事業報告の第一号
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・水産利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県水産研究に100年(創立百周年記念誌)

目で見る100年

事業報告の第一号

水産試験場の事業報告第一号の発行日は、明治33年11月10日になっている。その目次を見ると、1.製造部 2.蕃殖部 3.調査部となっているが、ほかに漁撈部があり、4部門で事業にあたったことが判る。

その第1頁を開けると「紫菜発生図」があり、試験場の蕃殖(養殖)研究が、木曽三川河口・伊曾島村での紫莱(あまのり)から始まっている。製造部では海参と乾海苔が、調査部では漁業調査と介類生殖期節調査(目次のみ)が最初の事業であった。

最初の事業報告書(明治32年度)
最初の事業報告書(明治32年度)

紫菜発生図(アマノリ)
紫菜発生図(アマノリ)
事業報告第1号に載っている最初の図版
事業報告第1号に載っている最初の図版
桑名郡伊曾島村のノリ漁場図
桑名郡伊曾島村のノリ漁場図

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・水産利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050574