現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 沿革・研究所の百年 >
  7.  023:軍用缶詰の梱包方法について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・水産利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県水産研究に100年(創立百周年記念誌)

目で見る100年

軍用缶詰の梱包方法について

明治37年度の試験場事業報告に「軍食水産物供給ノ顛末」という製造部の報告がある。折から日露戦争にあたり、軍用食料の供給について水産試験場は、軍から漁村に対する指導を求められている。内容には塩乾魚や缶詰の製法から、遠隔地への輸送に耐えられる梱包方法をも含めている。製造は三重海産組合が組織されてあたり、カツオ、イワシ、ブリ、サンマ、アジなどが大量に送られている。

軍用缶詰の梱包方法の図 軍用缶詰の梱包方法の図
軍用缶詰の梱包方法の図 軍用缶詰の梱包方法の図

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・水産利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050581