現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 沿革・研究所の百年 >
  7.  025:三重水試はじめての発動機船・三水丸進水
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・水産利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県水産研究に100年(創立百周年記念誌)

目で見る100年

三重水試はじめての発動機船・三水丸進水

明治43年6月8日、三重県水産試験場の初めての発動機付き漁労試験船「三水丸」は大湊の市川造船所で進水した。総トン数17トン。帆船に25馬力の発動機を載せた。造船費6,460円、農商務省(国)が1,000円の補助金を出した。乗組員23名。6月23日初めて出漁した。

三水丸造船の大きな目的は、カツオ漁場の発見、安全な操業、燃費など経費の節約を考え、漁業者に模範的な造船を示すことにあった。また、その後、マグロ漁場の発見やサンマ漁業の指導などにも広く使われた。

すでに明治44年における発動機付き漁船の数は、静岡県の298隻に次ぎ三重県は160隻で2番目になった。

大正11年には、三水丸によりカツオ巻網(一艘・巾着網)の試験やイワシ巻網(繰網)に「ターンテーブル」(巻きあげ機)を据えての試験をおこなっているが、いずれも三水丸が17トンと小さすぎることを嘆いている。伊勢湾内で小型底引網の試験操業にも使われたが、大正15年6月には老朽化が著しく使用に耐えられなくなり廃船にした。

機帆船三水丸が帆を張った姿
機帆船三水丸が帆を張った姿

岸壁にもやった三水丸
岸壁にもやった三水丸

ターンテーブル試験中の三水丸
ターンテーブル試験中の三水丸

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・水産利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050583