現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 沿革・研究所の百年 >
  7.  038:寒天製造試験
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・水産利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県水産研究に100年(創立百周年記念誌)

目で見る100年

寒天製造試験

三重県下の大正末年における天草(石花菜17、18万貫、ほかに鬼草、平草、鳥足など)の原藻総生産量はほぼ30万貫もあるが、ほとんどは寒天に製造されることなく出荷されている。もし、これを寒天にできれば90万円にもなるのでなんとかしたいと、多気郡川添村で試験を始めた。寒天製造には凝固のための寒冷度、湿度、日照など気象条件が難しく、大正14年の事業報告には積極的な評価はない。

多気郡川添村(現・大台町)での寒天づくり
多気郡川添村(現・大台町)での寒天づくり

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・水産利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050596