現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 沿革・研究所の百年 >
  7.  048:底延縄(はえなわ)の試験操業
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・水産利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県水産研究に100年(創立百周年記念誌)

目で見る100年

底延縄(はえなわ)の試験操業

尾鷲支場が初めて試験操業した底はえなわ漁法の報告「時報」9年5月49号によると、水深20から80尋(1尋は1.5メートル)で、最適な漁場は50~60尋だった。

漁獲物の一覧によると、クエマス、アマダイ、サメ、イシナギ、カンダイ、カサゴ、ハモ、ウツボなどである。一番早く喰らうのがウツボで、ウツボはもだえるので外の魚が喰わない、と報告している。

餌のつけ方の説明図
餌のつけ方の説明図
餌にはイワシ、アジ、コガツオ、サバ、イカ、ムツなどを使う。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・水産利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050606