現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 沿革・研究所の百年 >
  7.  064:アユから始まった魚類の種苗生産研究
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・水産利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県水産研究に100年(創立百周年記念誌)

目で見る100年

アユから始まった魚類の種苗生産研究

伊勢湾分場では昭和5(1930)年、白子移転と同時に、海産稚アユの種苗化の研究を開始した。これが三重県における魚類種苗生産の嚆矢(はじめ)である。

人工種苗の研究は昭和38年、三重大学水産学部で、シオミズツボワムシが飼育餌料として好適であることが分かり、その年宮川のアユから採卵孵化させた稚魚を1万尾、種苗に育てることに成功した。

昭和39年1月12日中日新聞の記事
昭和33年からはじまった人工の種苗づくりの試験は
昭和39年になってやっと成功した。
昭和39年1月12日中日新聞

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・水産利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050622