現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 沿革・研究所の百年 >
  7.  086:尾鷲分場古里へ移転
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・水産利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県水産研究に100年(創立百周年記念誌)

目で見る100年

尾鷲分場古里へ移転

昭和8年に創設された尾鷲分場であるが、その後、前面の海が埋め立てられ、また、施設も手狭になった上、老朽化もすすみ、さらに尾鷲分場の業務が養殖漁業へ中心がかかるようになったので、そのような適地として古里(尾鷲市古里)が選ばれ、昭和57年3月新築移転が完了した。新しい仕事に、魚の病気を扱う魚病センターの役割が強くなった。

海に面した写真中央の陸屋根が尾鷲分場
海に面した写真中央の陸屋根が尾鷲分場

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・水産利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050642