現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 沿革・研究所の百年 >
  7.  094:バイオテクノロジーの研究
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・水産利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県水産研究に100年(創立百周年記念誌)

目で見る100年

バイオテクノロジーの研究

養殖魚の品種改良を目指して、染色体操作による3倍体魚や全雌魚の作出に関する研究が昭和60年頃から全国的に行われるようになり、三重県においてもヒラメやアユ、アマゴ、アコヤガイを対象として雌性発生や3倍体の作出に関する基礎的研究が昭和60年(1985年)から平成2年(1990年)に行われた。3倍体では、実際に作出したアコヤガイやアマゴの試験養殖も行われたが、実用化に至るまでの成果は得られなかった。

ヒラメ卵をもちいたバイテクの実験
ヒラメ卵をもちいたバイテクの実験
3倍体ヒラメの発生
3倍体ヒラメの発生

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・水産利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050652