現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 伊勢湾関連情報 >
  6. 貧酸素情報 >
  7.  平成17年度貧酸素情報(第2報)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

伊勢湾貧酸素情報

平成17年度貧酸素情報

(第2報)

平成17年6月13日
三重県科学技術振興センター
水産研究部 鈴鹿水産研究室

底層では湾中央部の深所を中心に2ppm以下の貧酸素水塊が形成されている。貧酸素水塊が観測された範囲は前年同期よりも広く,平年同期に比べてもその範囲は大きい。

6月7日の調査船「あさま」の定線観測によると,水温は,表面で20.8~22.6℃,10mで17.4~19.4℃,底層で14.1~19.3℃の範囲にあった。表面では平年よりやや高め,10mと底層では一部の測点を除いて平年並みからやや低めであった。塩分は表面で29.35~31.91,10mで32.01~33.12,底層で31.38~33.74の範囲にあった。全層にわたって平年よりやや高めであった。

DO(溶存酸素量)は,表面で5.6~7.0ppm,10mで4.3~6.3ppm,底層で1.4~5.0ppmの範囲にあった。全層にわたって平年よりも低く,底層では伊勢湾中央部の深所を中心に2ppm以下の貧酸素水塊が形成されている。

底層における2ppm以下の貧酸素水塊が観測された範囲は前年同期よりも広く,平年同期に比べてもその範囲は大きく広がっている。

調査時は,表層で高温傾向,底層では低温・高塩分傾向にあるため,上下混合が起こりにくく,底層の貧酸素化が広範囲に進行していると考えられた。

津市~松阪市~明和町にかけての沿岸域(水深15~20m)でも2ppm前後の低い値となっており,今後さらに浅海域への波及も懸念され注意が必要である(下図2ppm以下貧酸素水塊)。

底層溶存酸素量水平分布(6月7日)
底層溶存酸素量水平分布(6月7日)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 〒510-0243 
鈴鹿市白子1丁目6277-4
電話番号:059-386-0163 
ファクス番号:059-386-5812 
メールアドレス:ise-bay0@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050805