現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 漁海況情報 >
  6. 沿岸定線観測 >
  7.  熊野灘沿岸定線観測結果 平成30年6月
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

沿岸定線観測結果

インデックスページへ

2018年6月熊野灘(4-5日、調査船「あさま」79トン)

調査結果の概要

 調査時の表面水温は21.4~23.6℃、50mでは17.4~21.3℃、100mでは14.8~17.8℃、200mでは10.6~14.0℃の範囲にあった。全層において、熊野灘北部で平年より1~3℃程度高めの他は平年並~1℃程度高めであった。志摩半島沖のStns.22、23では、平年より2~3℃以上も高く、顕著な高水温であった。   

   表面の塩分は33.71~34.63、20mの塩分は34.29~34.64の範囲にあり、平年並~高めであった。先月の観測で著しい低塩分を観測したStns.22、23では、今月は一転して高塩分が顕著であった。

 観測時の黒潮は大蛇行流路で、33°N以南に離岸していたため、昨年の9月から引き続いて黒潮に達することはできなかった。黒潮から切離した小暖水渦が遠州灘を西進中で、志摩半島沖は暖水の西端に位置していたため、北西~北東へ1.5ノット以上の速い流れ(時計回り)が観測された。熊野灘中部から南部の沿岸域でも1ノット前後の比較的速い南下流が観測された。 

 調査の概要

調査海域及び定線 熊野灘(下図)
調査員  久野 正博

使用観測機器
・水温、塩分、DO、クロロフィル
 CTD:SeaBird社製SBE-9plus
 DO:SeaBird社製SBE43
 クロロフィル:WetLab社製 Eco-AFL
・流向流速計ADCP:RD社製300kHz 

*観測データ、印刷用PDFのダウンロードはインデックスページをご利用ください。
#
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000214692