現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 漁海況情報 >
  6. 沿岸定線観測 >
  7.  熊野灘沿岸定線観測結果 2022年5月
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

沿岸定線観測結果

インデックスページへ

2022年5月熊野灘(17-18日、調査船「あさま」84トン)

調査結果の概要

 調査時の水温は、表面では19.7~23.7℃、50mでは17.2~23.7℃、100mでは16.2~20.7℃、200mでは14.7~17.7℃の範囲にあった。水温はほぼ全域で平年より高く、特に中部~北部の沖合で顕著に高かった。南部沖合のStn.29,30を除くと、表面では17点中10点で、50mでは17点中8点で、100mでは14点中7点で、200mでは11点中8点で同月の観測史上最高値を更新した。

   塩分は、表面では31.63~34.50、20mでは34.10~34.49、200mでは34.55~34.69の範囲にあり、平均的には、表層~50mまではおおむね平年並~やや低かった。一方、200m以深では顕著に高く、200mのStns.12,13,14,26,28では同月の観測史上最高値を更新した。

 観測時の黒潮は、熊野灘南沖で30°N近くまで離岸したあと強いS字状に北上し、熊野灘に接岸する大蛇行流路(A型)であった。このため、200m以深の定点は、ほぼ黒潮内であった。
 黒潮は表面水温が23.5℃前後で、2.5kt前後で流れていた。また、黒潮の北縁近くでは3-4ktの速い流れが観測された。
 

 調査の概要

調査海域及び定点 熊野灘(下図)
調査員  丸山 拓也・久野 正博

使用観測機器
・水温、塩分、DO、クロロフィル
 CTD:SeaBird社製SBE-9plus
   :鶴見精機製XCTD
 D O:SeaBird社製SBE43
 クロロフィル:WetLab社製 Eco-AFL
・流向流速計ADCP:RD社製300kHz 

*観測データ、印刷用PDFのダウンロードはインデックスページをご利用ください。
#
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000262597