現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 漁海況情報 >
  6.  黒潮と沿岸海況の1~2ヶ月予報(10月~11月の予報)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  企画・資源利用研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

 

黒潮と沿岸海況の1~2か月予報

2018年10月~11月の予測 (2018年9月20日発行)  

最新号(水温予測図入りFax版)

黒潮

 黒潮大蛇行は1年が経過し、安定してきました。今後も伊豆諸島付近を北上する大蛇行流路が継続するでしょう。潮岬沖では、離岸した状態が続く見込みです。
  

熊野灘の海況

 熊野灘には遠州灘から黒潮内側反流が流入しやすいと予測されることから、熊野灘沿岸の水温は、引き続き「平年並~高め」基調で推移するでしょう。 

 ※「平年並」:平年値±0.5℃程度、「やや高め、やや低め」:平年値±1.0℃程度、
  「高め、低め」:平年値±1.5℃程度、「かなり高め、かなり低め」:平年値±2.5℃以上

 

参考サイト:本予測を作成するために参考としている情報です。

FRA-ROMS太平洋および我が国周辺の海況予測システム(本予測はこのシステムでの予測を根拠として、作成しています。)

気象庁 海水温・海流のデータ 海面水温・海流1か月予報(FRA-ROMSとは別のシステムで作成されている1か月予報です。)

黒潮流路の型(参考)

A型:大蛇行流路とも言われ、遠州灘沖で大きく離岸する流路です。熊野灘には遠州灘から黒潮内側反流が流入し、高水温になりやすいタイプです。1年以上の長期間持続するのが特徴です。典型的なA型は伊豆諸島の西を北上します。

B型:A型の規模を小さくしたような流路で、伊豆諸島の西側を北上するのが特徴です。長期間持続することはありませんが、熊野灘では高水温傾向になりやすいタイプです。

C型:伊豆諸島の東側を北上するのが特徴で、蛇行規模が大きい時は持続期間が長くなる傾向があります。

N型:直進流路とも言われ、熊野灘には暖水が流入しにくく、N型が安定すると、熊野灘は低水温傾向になりやすい特徴があります。

黒潮流路

 

バックナンバー約1年分(PDFファイル)


2017年9月29日発行 2017年10月24日発行 2017年11月24日発行 2017年12月25日発行

2018年1月29日発行 2018年2月23日発行   2018年3月20日発行 2018年4月27日発行

2018年5月25日発行 2018年6月21日発行 2018年7月24日発行 2018年8月23日発行

2018年9月20日発行(最新号)

 

※次回の黒潮と沿岸海況の1~2ヶ月予報は、10月下旬に11月~12月の予測を行う予定です。

 

ページのトップへ戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 企画・資源利用研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051062