現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 農業改良普及センター >
  5. 桑名地域農業改良普及センター >
  6. 普及情報等 >
  7.  管内農業の概要
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産事務所等  >
  3. 桑名農政事務所  >
  4.  桑名地域農業改良普及センター 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

管内農業の概要

立地

愛知、岐阜、滋賀県の三県に接する三重県の最北部に位置し、鈴鹿山脈及び養老山脈から木曽三川及び伊勢湾に広がる391平方キロメートルの東西に長い地域で、桑名市、いなべ市、桑名郡、員弁郡の2市2町からなっている。東海道53次の「七里の渡し」で代表されるように古くから東西交通の要衝として産業経済が早くから発展しています。

耕地面積は、約7,300ha、木曽三川のデルタ地帯の耕地では都市近郊型の施設トマト、施設花き、員弁川流域では麦作、茶、肉牛、酪農などの団地が形成されています。

作物

[水稲]

作付面積約4,000ha、桑名郡市は、コシヒカリをはじめあきたこまちやみえのえみ等早期出荷米の栽培、いなべ市、員弁郡は、コシヒカリを中心としてヤマヒカリやヒノヒカリを利用した作期分散が進んでいます。

[麦・大豆]

地域で取り組むブロックローテーションが盛んで、小麦、大麦、大豆が集団栽培されています。

野菜

県のブランド産品に指定されているトマト、ナバナ等を中心に地域ごとに産地が形成されています。

[トマト]

桑名郡市(桑名市(多度町、長島町)、木曽岬町)での栽培面積は約40haで、県下最大の面積を誇ります。昭和41年には北勢冬春トマトとして国の指定産地を受けています。中心となる木曽岬町、長島町ではロックウール栽培を中心にハイポニカ、M式といった各種養液栽培も盛んに行われています。

[ナバナ]

栽培面積約52haですが、なかでも桑名市(長島町)はナバナ栽培発祥の地として現在でも栽培面積45haと県下で最も盛んに栽培されている地域です。

花き

桑名市(多度町、長島町)、木曽岬町を中心にハウス面積約12haでシクラメン、観葉植物、花壇苗等が生産されています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 桑名農政事務所 桑名地域農業改良普及センター 〒511-8567 
桑名市中央町5-71(桑名庁舎2階)
電話番号:0594-24-3642 
ファクス番号:0594-24-3695 
メールアドレス:wnosei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000052715