現在位置:
  1. トップページ >
  2. 防災・防犯 >
  3. 防災・緊急情報 >
  4. くらしの防災(備え) >
  5. 防災啓発 >
  6.  ふっくら なーんちゃって肉まん(主食)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 防災対策部  >
  3. 防災企画・地域支援課  >
  4.  地域支援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

ふっくら なーんちゃって肉まん(主食)
みえの防災レシピ部門賞(在宅避難レシピ)受賞

ふっくら なーんちゃって肉まん
 
 お肉の代わりに常温保存できる焼き鳥缶を使い、ひじきで不足している栄養分を補ったレシピです。調理に食品用ポリ袋を使うことで、少ない洗い物で作れます。在宅避難時にも日常備蓄で簡単に調理ができることから、在宅避難レシピとして有用である点が評価されました。

〇調理時間
 約35分

〇材料(4人分) ★ローリングストックで備蓄できるもの
 三重県産乾燥ひじき(15g)、大豆の水煮(1缶)、焼き鳥缶(2缶)、
 小麦粉(150g)、ベーキングパウダー(8g)、砂糖(大さじ2)、
 塩(ひとつまみ)、水(③のとき80㏄、蒸すとき300㏄)、
 ごま油(大さじ1)

〇使用器具
 ガスコンロ、フライパン、ふた(各1つ)、食品用ポリ袋(3枚)、
 ラップ(1m)、クッキングシート(40㎝)

〇作り方
 ①乾燥ひじきは水でもどしておく。
 ②小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を食品用ポリ袋に入れ、振りながら混ぜる。
 ③水、ごま油を加え、揉みこむ。
 ④ラップを伸ばし、小麦粉で打ち粉(分量外)をする。
 ⑤④の上に③を出し、4等分に丸めてから平たく伸ばす。
 ⑥焼き鳥缶、ひじき、大豆の水煮を②と別の食品用ポリ袋に入れ、揉みこむように
  混ぜる。
 ⑦⑤に⑥を乗せ、包む。
 ⑧フライパンに水300㏄を入れ、クッキングシートをふわりと乗せる。
 ⑨丸めた肉まんをシートの上に並べ、ふたをして9分ほど加熱する。
  ※箸などを刺し、くっついてこなくなるまで加熱時間を適宜調整してください。


〇選考委員からのコメント
 ・皮が甘みのあるしっかりとした生地なので、具をカレーにしてもおいしそう
 ・家庭で日ごろから実践できるレシピとして有用だと思います。
 ・蒸し器がなくても手軽に作れるので、普段のおやつにもいいです。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 防災対策部 防災企画・地域支援課 地域支援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2185 
ファクス番号:059-224-2199 
メールアドレス:bosai@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000247441