現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. みえDATABOXからのお知らせ >
  5. Hello!とうけい >
  6.  Hello!とうけい♪vol.63 県内総生産(GDP)を都道府県比較してみると・・・
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

【Hello!とうけい】vol.63 県内総生産(GDP)を都道府県比較してみると・・・

 先に、内閣府経済社会総合研究所から平成15年度の県民経済計算をとりまとめた結果が公表されました。
 県民経済計算とは、県経済の構造、規模などの実体を明らかにする総合的なものさしとなるもので、47都道府県別のデータを比較することによって、三重県経済の大きさや特徴などをとらえることができます。

1、県内総生産(GDP)の全国順位
 県内総生産額(名目)が最も多いのは、東京都の83兆6,303億円で全都道府県計の16.9%を占めています。一方、最も少ないのは鳥取県の2兆0,475億円で全都道府県計の0.44%となっており、都道府県間で大きな格差がでています。
 三重県は、7兆1,221億円で全都道府県計の1.4%を占め、全国で21位となっています。
 規模別に全国地図に区分してみると、次の図になります。
GDP(名目)

2、実質経済成長率(平成15年度)の状況
 県内総生産(実質)の対前年度の増減率を実質経済成長率といい、経済活動の規模の拡大程度をあらわす指標です。
 平成15年度に実質経済成長率が最も高かったのは大分県の5.1%で、次いで、徳島県(4.3%)、富山県(3.9%)、熊本県(3.4%)と続き、三重県は3.2%となり全国で5番目に高い成長率となっています。一方、最も低かったのは島根県(▲1.2%)で、香川県(▲0.4%)、北海道(▲0.2%)、山形県(▲0.2%)、福島県(0.0%)の順となっており、その状況を次のグラフにまとめました。
実質経済成長率(平成15年度)の状況

 また、実質経済成長率を全国地図に区分してみると、次の図になります。
実質経済成長率全国地図

3、産業構造の特徴
 三重県の産業構造の特徴として、製造業の構成比が高いといわれていますが、実際にはどの程度になっているのでしょう。
 県内総生産に占める製造業の割合をみると、三重県は33.0%となり、滋賀県(40.4%)、静岡県(36.2%)、栃木県(36.1%)、群馬県(33.8%)に次いで、全国で5番目に高くなっています。
 また、工業統計における製造品出荷額が最も多い愛知県も32.7%となり、6番目となっています。
 県内総生産に占める製造業の割合を全国地図に区分してみると、次の図になります。
製造業のGDPに占める割合

 この情報の詳細については、次でご覧になれます。
 内閣府経済社会総合研究所「平成15年度県民経済計算について」
 http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/kenmin/h15/main.html

 三重県政策部統計室「平成15年度三重県民経済計算結果(確報)」
 http://www.pref.mie.jp/DATABOX/keizai.htm#keisan

 このほかにも、三重県の統計情報は「みえDataBox」http://www.pref.mie.jp/DATABOX/ に満載です。

 次回のHello!とうけい♪vol.64は、5月10日(水曜日)掲載予定です。お楽しみに!

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2044 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000013412