現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 医師・看護職員確保対策 >
  5. 医師確保(おいないねっと三重) >
  6. 医師修学資金 >
  7.  卒業後の手続き【医師修学資金】
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 医療介護人材課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県医師確保プロジェクト おいないねっと三重

 

卒業後の手続き【三重県医師修学資金】

 卒業時の手続き

医師免許取得後、直ちに県内臨床研修病院で臨床研修を開始し、届け出をしてください。
研修先に変更があった時も同じ様式で提出してください。

<提出書類>
臨床研修開始(変更)届(第8号様式)
・医師免許取得を証する書類(医師免許証、登録済み証明書の写し等)
 

臨床研修中に行う手続き

臨床研修後の勤務希望について報告をしてください。

<提出書類>
勤務希望調書(要綱第6号様式)
キャリア形成プログラム承認申請書(第16号様式)
 

臨床研修後に行う手続き

臨床研修後の勤務先について届出をしてください。

<提出書類>
勤務開始届(第12号様式)
 

勤務の状況報告について ※毎年必要

毎年4月30日までに「医療介護人材課」へ状況報告をしてください。

<提出書類>
業務従事(研修)証明書(要綱第5号様式)

※ただし、年度途中に勤務先を変更した場合には、下記を期日内に提出してください。
<提出書類>
勤務先変更届(第13号様式)→10日以内
業務従事(研修)証明書(要綱第5号様式)→30日以内 (※変更前の勤務についての証明)
 

返還が全額免除されるときに行う手続き

医師免許取得後、直ちに県内臨床研修病院で研修を開始し、臨床研修修了後、県内医療機関で一定期間勤務したときに、貸与額の全額の返還が免除されます。

<提出書類>
修学資金返還免除申請書(第3号様式)
 

その他の手続き

内 容 提 出 書 類
氏名・住所を変更したとき 住所(氏名)変更届(第11号様式)
保証人について変更があったとき 連帯保証人(住所、氏名、職業)変更届(第14号様式)
義務勤務を中断するとき
(通算2年以内)
医学に関する専門知識修得計画書(第15号様式)
※中断を行う3か月前までに提出が必要

義務勤務を中断するとき
(通算2年をこえる場合)
 

医学に関する修学のための中断期間等承認申請書(第3号様式の2)
※中断を行う3か月前までに提出が必要
※審査を受け、承認される必要あり
修学資金を返還するとき 返還申立書(要綱第7号様式)
※事前に相談が必要
詳しくは「三重県医師修学資金貸与のしおり(H30年度~)」をご確認ください。
 

「三重県医師修学資金貸与のしおり」他 ダウンロード

Q&A    

制度の概要

返還免除条件
(H30年度~)
①大学卒業年度又はその翌年度の医師国家試験に合格し、医師免許を取得
②直ちに、県内臨床研修病院で研修を開始
③臨床研修修了後、県内の医療機関で9年間勤務
(うち、医師不足地域の医療機関で1~2年間勤務)  
※【令和元年度版】勤務医療機関一覧(PDF153KB)
※【令和2年度版】勤務医療機関一覧(PDF211KB)

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 医療介護人材課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2326 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:iryokai@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000182842