現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 国際交流・国際展開 >
  4. 国際交流(友好・姉妹提携) >
  5.  令和元年6月 ハガティ駐日米国大使とご家族の三重県訪問
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 国際戦略課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

令和元年6月 ハガティ駐日米国大使とご家族の三重県訪問

 令和元年6月19日・20日に、ハガティ駐日米国大使(令和元年7月に離任)がご家族とご一緒に来県しました。G7サミットが開催された三重県を訪問し、現地の伝統文化を学びたいという大使や奥様の強いご意向があり来県されました。伊勢神宮(内宮)、忍者、海女、真珠などを見学いただいた2日間の様子をダイジェストでご紹介します。
 

6月19日 午前 伊賀市

1日目の午前中は伊賀流忍者博物館を訪問。伊賀市長が忍者衣装を着用して、大使ご一行をお出迎えしました。
忍者屋敷では、英語で様々な仕掛けを説明する実演を楽しまれました。資料館では、忍具について興味深そうにご質問される場面もありました。




その後の忍者ショーでは、大使のご家族が吹き矢や手裏剣の体験をされ盛り上がりました。

(↓二人の息子さんは手裏剣投げを体験)


(↓クリシー夫人と次女は吹き矢に挑戦)

 

6月19日 午後 鳥羽市

午後は鳥羽市のミキモト真珠島に移動。鳥羽市長、ミキモト真珠島松田社長らがお出迎えしました。
海女の実演ショーを身を乗り出してご覧になり、海女さんが複数の貝を取ってくると拍手を送られていました。



真珠博物館では、真珠の出来る仕組みについて大使とご家族から次々と質問があり、特に熱心にご覧になりました。



この日の宿泊先は志摩観光ホテルでした。特に松阪牛を気に入られ、料理に感激されていたそうです。

6月20日 伊勢市

2日目は伊勢神宮(内宮)を訪問しました。鈴木知事と伊勢市長がご案内しました。



最後は、2014年にキャロライン・ケネディ駐日米国大使(当時)によって植樹されたハナミズキをご覧になりました。

ハガティ大使は伊勢神宮のスケールに感嘆されていました。また、「日本の伝統文化を子どもたち一緒に体験できて嬉しかった」とのお言葉を頂きました。

(以上)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 国際戦略課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2844 
ファクス番号:059-224-3024 
メールアドレス:kokusen@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000240229