現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 交通 >
  4. 生活交通 >
  5. 鉄道 >
  6.  鉄道在来線の活性化
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 交通政策課  >
  4.  地域交通・次世代モビリティ班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

鉄道在来線の活性化

在来線は、公共性が高く、通勤通学の重要な交通手段であるとともに、地域産業の振興、住民福祉の向上など地域の生活に大きく関与するものです。
その為、次のようなことを鉄道事業者等に働きかけています。

  • 名古屋~四日市間の複線化工事の早期完成
  • 四日市~亀山間複線化の早期着手
  • 亀山~新宮間複線電化の早期着手
  • 多気~鳥羽間複線電化の早期着手
  • 亀山~加茂間電化、亀山~木津間複線化の早期着手
  • 第3セクター鉄道の支援制度の確立
  • 行き違い設備、部分線増などによる輸送力の増強等

しかしながら、現在の利用状況は、乗用車などの交通機関との競合や、少子化の影響から利用客の減少に歯止めがかからない状況です。また、JR会社法の一部改正による「完全民営化」による採算性重視や経営効率化により、鉄道をとりまく環境には厳しいものがあります。特に、採算のとれない線区での新規の設備投資は非常に難しいと言われています。その為、より鉄道の利用を促進していく必要があります。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 交通政策課 地域交通・次世代モビリティ班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2622 
ファクス番号:059-224-2418 
メールアドレス:kotsu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012355