現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 交通 >
  4. モビリティ・マネジメント(交通のかしこい使い分け) >
  5.  三重の交通機関の魅力(三岐鉄道)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携・交通部  >
  3. 交通政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の交通機関の魅力(三岐鉄道)


三岐鉄道株式会社(三岐鉄道)は、三重地区で三岐線と北勢線の2路線を営業しています。
三岐線は、旅客と貨物の両方を輸送している、全国的にも珍しい路線です。
また、北勢線においても、ナローゲージと呼ばれる線路幅が762mmの珍しい路線です。
 
  • 三岐線 近鉄富田・JR富田~西藤原 計27.6km
  • 北勢線 西桑名~阿下喜        20.4km
 

三岐鉄道における新型コロナウイルス感染症対策

三岐鉄道では、お客様に安心して電車をご利用いただけるよう、新型コロナウイルス感染症への対策を行っています。
お客様への感染防止対策の取組み、係員の感染防止対策の取組みは、三岐鉄道ホームページの「当社における新型コロナウイルス対策について」をご覧ください。

三岐鉄道(さんぎてつどう)

三岐鉄道は、三重県の北部を走ります。
社名の由来は、三重県と岐阜県を結ぼうとしたことに由来します。
富田駅から西藤原駅までの三岐線と、三岐朝明信号場から近鉄富田駅までの近鉄連絡線のほか、西桑名駅から阿下喜駅までの北勢線があります。
車窓からは沿線の四季折々の風景がお楽しみいただけます。
自然豊かなスポットへぜひお越しください。
下の写真は、三岐鉄道からご提供いただいた三岐鉄道の各列車と沿線風景です。
 
三岐線の列車


(協力:三岐鉄道株式会社)

北勢線の列車

(協力:三岐鉄道株式会社)

三岐線の貨物輸送列車

(協力:三岐鉄道株式会社)
 

三岐鉄道北勢線

北勢線は、全国でも珍しいナローゲージと呼ばれる線路幅が762mmの路線です。
現役の鉄道では日本に3事業者のみであり、「三岐鉄道北勢線」で貴重な乗車体験をしてみませんか。
また、その沿線のめがね橋は、全国に数多く存在する眼鏡橋の中でも、大変珍しいコンクリートブロック製です。
この橋は、三連式のアーチが美しく、北勢線の代表的な撮影スポットとしてお勧めです。
   
北勢線のめがね橋


(協力:三岐鉄道株式会社)
 

三岐鉄道1日乗り放題パス

三岐鉄道では、三岐線と北勢線の両線が1日乗り降り自由で乗車できる「三岐鉄道1日乗り放題パス」が使用できます。
発売箇所は、三岐線の各駅(西野尻駅を除く。)と北勢線の有人駅(西桑名駅・星川駅・東員駅・楚原駅・阿下喜駅)で、三岐鉄道沿線めぐりのご利用など、便利な乗車券です。
   

鉄道むすめ「楚原れんげ」

三重県では初となる「鉄道むすめ」が誕生しました!
その名は、「楚原れんげ」。
デビュー以来、等身大パネルでお客様をお迎えしています。
これからも「楚原れんげ」の活躍をご期待ください。
皆さんのご乗車をお待ちしています。


(画像提供:三岐鉄道株式会社)
 

三岐鉄道の社会貢献活動

三岐鉄道は、社会貢献活動にも力を入れています。

(画像提供:三岐鉄道株式会社)
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携・交通部 交通政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2805 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:kotsu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000245562