現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 学校教育 >
  4. 奨学金・授業料・給付金 >
  5. 三重県高等学校等修学奨学金 >
  6.  奨学生・返還者のページ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育財務課  >
  4.  修学支援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の教育 - 三重県教育委員会ホームページ

三重県高等学校等修学奨学金(奨学生・返還者のページ)

三重県高等学校等修学奨学金の貸与に関する規則が改正されました。
(令和2年4月1日施行。改正後の規則本文はこちら

規則の改正に伴い、様式番号、様式の内容が変更になりました。
これまでの様式は使用できませんので、ご注意ください。

新様式については、「提出書類様式」のページをご覧ください。
    1.退学したとき
    2.休学したとき
  3.停学の処分を受けたとき
  4.復学したとき 
    5.転学したとき
  6.修学奨学金の貸与を辞退するとき
  7.奨学生、保護者、連帯保証人が住所、名前又は電話番号を変更したとき
  8.保護者又は連帯保証人を変更するとき
  9.振込を受ける銀行口座等を変更したいとき
  • 令和2年度の奨学金の振込日と返還金の口座振替日は下表のとおりです。
  • 返還者の方で、進学や、やむを得ない理由により約束どおりの返還が困難になったときは、返還の猶予や返還の免除を受けることができます。また、返還方法や返還計画を変更することもできます。

令和2年度奨学金の振込日(予定)

奨学金貸与月 奨学金振込日
4・5月分 令和2年5月25日(月)
【予約採用者(令和元年度に採用内定となった奨学生)】4月27日(月)
【通常採用者(令和2年度に採用となった奨学生)】8月21日(金)
※通常採用者のうち、二次募集による採用者は手続完了後、9月18日(金)振込予定
6・7月分 令和2年7月22日(水)
【通常採用者(令和2年度に採用となった奨学生)】8月21日(金)
※通常採用者のうち、二次募集による採用者は手続完了後、9月18日(金)振込予定
8・9月分 令和2年9月25日(金)
※通常採用者のうち、二次募集による採用者は手続完了後、9月18日(金)振込予定
10・11月分 令和2年11月25日(水)
12・1月分 令和3年1月25日(月)
2・3月分 令和3年2月25日(木)

※奨学金は原則として奇数月の25日に2か月分をまとめて振り込みます。25日が休日や土日にあたるとき
 は、その日前の休日や土日でない日に振り込みます。
※採用又は貸与継続、貸与終了時等に必要な書類の提出が遅れた場合には、上記期日に振り込めないことがあり
 ます。

 

令和2年度返還金の口座振替日(予定)

4月分 ・令和2年4月30日(木)
5月分 ・令和2年6月1日(月)
6月分 ・令和2年6月30日(火)
7月分 ・令和2年7月31日(金)
8月分 ・令和2年8月31日(月)
9月分 ・令和2年9月30日(水)
10月分 ・令和2年11月2日(月)
11月分 ・令和2年11月30日(月)
12月分 ・令和3年1月4日(月)
1月分 ・令和3年2月1日(月)
2月分 ・令和3年3月1日(月)
3月分 ・令和3年3月31日(水)

※口座振替日は、原則月末に行います。振替日が土日祝祭日等の金融機関の休業日である場合には、金融機関の翌営業日に振り替えます。
※口座振替日の前日までに残高不足とならないように振替口座への入金をお願いします。口座振替ができなかった場合、再度の口座振替を実施しておりません。後日、送付される納付書により金融機関窓口で入金してください。
 

繰上返還

奨学金返還金の全額・一部繰上返還をすることができます。繰上返還を希望される方は、事前に教育財務課にお問い合わせください。
 ※一部繰上返還は、次のいずれにも該当する場合に利用することができます。
  ・繰上返還額が、各回返還額の6か月分以上である。
   ただし、各回返還額の6か月分が5万円を超える場合は、5万円から繰上返還が可能です。
  ・前回の繰上返還から6か月以上経過している。
 ※繰上返還に費用はかかりません。
 

返還の猶予

進学した場合や、災害、疾病、失業、産休・育休などの理由に伴い返還が困難になったときは、返還の猶予を申込みすることができます。
疾病・失業などの場合の猶予期間は原則1年以内ですが、引き続き猶予が必要であると認められるときは、1年以内の期間に限り延長申込みが可能です。 また、延長期間が経過した後も引き続き猶予が必要であると認められるときは、さらに1年以内の期間に限り延長申込みが可能です。(ただし、大学等に在学するとき、災害により被害を受けたとき、産休・育休の場合を除き、返還猶予期間は通算して3年が限度となります。)
返還猶予ができる事由については、こちらをご覧ください。
 

返還の免除

次の1.2.の理由により奨学金を返還することが著しく困難であると認められるときは、貸付金残高の全部又は一部を免除します。返還免除を受けるには、申込みが必要です。
1.本人が死亡したとき
2.本人の心身の重大な障害(障害の程度が1級又は2級)により奨学金を返還することが著しく困難であると認められるとき
 

返還方法・返還計画の変更

返還金振替口座、返還計画を変更することができます。変更を希望する場合は、申込書等の提出が必要になります。詳しくは、教育財務課にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

詳しくは、三重県教育委員会事務局 教育財務課奨学金担当(TEL:059-224-2944)にお問い合わせください。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育財務課 修学支援班(奨学金担当)


〒514-8570 津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2944 ファクス番号:059-224-2319 メールアドレス:kyozaimu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000024422