現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 担い手・新規就農 >
  5. 新規就農 >
  6.  資金等の確保
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 担い手支援課  >
  4.  担い手育成班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

新規就農ガイド 農業につきたい方へ

資金等の確保(1)どれくらいの資金を準備すべきか?

農業を始めるには、どれくらいの資金が必要でしょうか。

栽培する作物や栽培方法により必要な資金額は違ってきますが、それなりの資金は自己資金として準備しておくことが望ましいでしょう。

一般的に言うと、就農するのに必要な資金は、次の(1)(2)が考えられます。

(1)生活費

研修期間+就農後所得がない時期についての衣食住費、教育費、光熱費、税金、医療費などが必要になってきます。

(2)初期投資額

施設、機械類+生産資材費+消耗品費+燃料費等+出荷資材および経費、地代+水道、電気などの設置費などの費用があります。

就農に必要な資金(1年分の生活資金を含めて)で新規参入者が準備した自己資金は全国平均で「1200万円」となっています。(1)が400万円、(2)が800万円という内訳です。

これに対して、実際営農にかかった金額は平均「1600万円」となっており、思ったよりも資金を必要とします。ただ、何を生産するかによって必要とする資金額も異なります。目安としては

施設園芸で比較的簡易な施設(ビニールハウス等)の場合→800万円~
施設園芸で高度な施設(ガラス温室や水耕栽培等)の場合→2000万円~
果樹の場合→1000万円~

この目安は生産する施設部分だけでこれ以外に倉庫や作業場、機械、初期の消耗資材(種苗、肥料、農薬等)の運転資金に加え、当面の生活資金(できれば2年分、500万円程度)が必要になります。

初期投資には制度資金など行政が貸し付ける制度もありますが、100%制度資金に依存するのは危険です。無利子あるいは低利子と言えども借金をするわけですから、できるだけ借入額を少なくすることが、将来、借金返済額に生活費が圧迫される心配が少ないという心の余裕を生むことになります。初期投資を少なくするため、関係機関に相談して空いているビニールハウスや中古の農機具の購入や施設・機械の賃貸借なども検討してみると良いでしょう。

また、生活資金は、制度資金がありませんので自分で貯めておく必要があります。研修期間が1年で、それから収穫まで1年かかった場合、生活資金は個人差がありますが、月20万円で生活すれば2年間で480万円となります。最低でも500万円は必要ですが、就農後の経営が軌道に乗るまでの生活費を考えると1000万円は、欲しいところです。

就農後においても自己資金は後々になって非常にありがたいものになることがあります。それは、農業の場合、収入がいつどのくらい入るか就農直後では正確に予測できないことが多く、安定した収入が見込めるまでの生活費や借入金の返済金が必要になってくるからです。アルバイトや短期的な勤めをされる方もおられますが、できれば自己資金を準備し、農業に専念することが望ましいです。

資金等の確保(2)生活基盤の確保

農地の確保もめどがついた、栽培技術や経営ノウハウなども習得し、何とか経営していけそうだ、資金についても余裕のある計画でいけそうだ、と計画が進んでくると当然住む家が問題になってきます。適時適切な栽培管理をしていくためには、できるだけ農地に近いところに住むが望ましいです。このことから新規就農に当たっては住居と農地を併せて考えましょう。

<農地の確保へ戻る  新規就農者を支援する制度へ進む>

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 担い手支援課 担い手育成班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2354 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:ninaite@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012803