現在位置:
  1. トップページ >
  2. 組織・業務 >
  3.  地域事務所 >
  4. 伊勢建設事務所 >
  5.  伊勢の建築物 >
  6.  伊勢の建築物 NO.3
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  建設・流域下水道事務所  >
  3. 伊勢建設事務所  >
  4.  建築開発室 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

伊勢の建築物

NO.3 徴古館

NO3 

   神宮徴古館は、左右対称のいわゆる品の字型のプランである。元来は1階建てで、煉瓦構造に木造の小屋組を架けて、中央ホールには角ドームが上がっていた。現在の建物は、昭和20年に戦災を受けた後、昭和28年に復興改築されたもので、その際、鉄筋コンクリート、一部鉄骨で補強し、2階を設け、屋根の中央ドームは取り除かれ、その部分の正面を切妻としそれ以外は寄棟とした。 


〇概要  
設計:

片山東熊(かたやま とうくま)、高山幸次郎              

同設計者の

建築物:

片山・高山)迎賓館赤坂離宮(明治42年)、

片山東熊)奈良国立博物館本館(明治27年)等

施工:
竣工: 明治42年
構造: RC(鉄筋コンクリート)造2階
参考文献)

川添登 他,伊勢の建築弐拾傑,(社)三重県建築士会

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 伊勢建設事務所 建築開発室 〒516-8566 
伊勢市勢田町628番地2(伊勢庁舎3階)
電話番号:0596-27-5210 
ファクス番号:0596-27-5256 
メールアドレス:nkenset@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012442