現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 地球環境と生活環境 >
  4. 水環境 >
  5. 三重の水資源 >
  6. 大切な水 >
  7.  渇水になるとどう困るの?
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 水資源・地域プロジェクト課  >
  4.  水資源・土地利用班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

渇水になるとどう困るの?

暮らしや農・工業の生産が脅かされます

毎年のように渇水の危機が。

 近年は、雨が少ない傾向で、毎年のように渇水の危機にさらされています。木曽三川の水を利用している地域でも、平成6年をはじめとし過去何回も取水・給水制限がされています。

木曽川岩屋、牧尾、阿木川ダム取水制限日数

平成6年の渇水。

 平成6年夏の渇水では、牧尾ダム・岩屋ダム・阿木川ダムの3ダムが枯渇。木曽三川の水を利用している地域の約590万人に影響が出ました。
 また、工業用水の厳しい取水制限により、生産調整・生産ラインの停止などが行われたり、農業用水の断水により稲の立ち枯れ等の被害が出ました。

ポリタンクを買う人々(岐阜新聞社提供)

給水制限

 渇水になると、給水制限が行われます。水道水を送り出す圧力を減らす減圧給水、一定時間だけ給水を行う時間給水などが実施されることで、様々な影響が現れます。

給水制限

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 水資源・地域プロジェクト課 水資源・土地利用班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2010 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:shigen@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034013