現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 廃棄物とリサイクル >
  4. 資源循環・3R >
  5.  令和5年度優良な取組-ユナイテッド・セミコンダクタ―・ジャパン株式会社-
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 資源循環推進課  >
  4.  資源循環政策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

令和5年度優良な取組-ユナイテッド・セミコンダクタ―・ジャパン株式会社-

ウェハー輸送用緩衝材プラスチックを再資源化

1.目的

 ユナイテッド・セミコンダクター・ジャパン株式会社は、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)の達成に向け、2019年にISO14001:2015を取得し、エネルギー削減、産業廃棄物削減等の各項目に目標を立てている。
 産業廃棄物削減に関する課題の1つが、ウェハー輸送時に緩衝材として使用された発泡プラスチックが大量に排出されることであるため、その削減に向けて取り組みを進めている。
 

2.効果

  • 部材輸送用緩衝材としてのプラスチックの使用量を削減する。
  • 年間2.4tの発泡プラスチックを有価物で売却することで、マテリアルリサイクルを推進する。
  • 発泡プラスチックの減容化により、トラックの運搬回数を減らし、温室効果ガスを削減する。(年間4tトラック22台分の効果)
  • 排出した廃プラスチック類の処理に使用するエネルギーが削減される。
 

3.取組内容

  • ウェハー梱包資材を使い捨てから、再利用できる通い箱に変更する。
  • 発泡プラスチック溶融装置を導入し、減容化する。
  • 廃プラスチックを軟質・硬質に分別し、処理委託費用を削減する。
 

4.取組の詳細

  • ウェハー製造元や輸送業者と連携し、梱包資材を再利用可能な通い箱に変更する。
  • 産業廃棄物として処理委託していた発砲プラスチックを減容化し、有価物として売却するために、発泡プラスチック溶融装置を導入した。(令和3年度産業廃棄物抑制等設備機器整備費補助金を活用)
  • 産業廃棄物処理業者が破砕処理を行う時間を短縮するため、軟質・硬質プラスチックを分別し、エネルギー及び処理費用を抑える。また、現場作業者が硬質と軟質の違いを正しく認識し分別できるよう判別基準を作成するとともに、プラスチック置場にラベルを貼り分別先をわかりやすくする。
  • 工場周辺での清掃活動を実施。また同活動を新人研修等に取り入れることで、社員間及び地域との交流を深める。

〇取組の詳細

 

5.企業概要

企業名 ユナイテッド・セミコンダクター・ジャパン株式会社
所在地 三重県桑名市多度町御衣野2000(三重工場)
HPアドレス https://www.usjpc.com/
事業内容 半導体の製造

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 環境共生局 資源循環推進課 資源循環政策班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-3310 
ファクス番号:059-222-8136 
メールアドレス:shigenj@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000280517