現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 食品衛生 >
  5. 食品衛生全般 >
  6. 子ども食品衛生教室 >
  7.  子ども食品衛生教室:中学生「食中毒の分類」
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

子ども食品衛生教室

中学生「食中毒の分類」

大きく3つに分かれます。

細菌などの微生物によっておこる食中毒

  • 感染型細菌性食中毒 ― サルモネラ、腸炎ビブリオ、カンピロバクターなど。
  • 毒素型細菌性食中毒 ― 黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌など。
  • その他(感染症など)― 腸管出血性大腸菌O157など。
ワンポイント! 感染型&毒素型って?

感染型とは、細菌に感染することによっておこる食中毒をいいます。
 また、毒素型とは、細菌の作った毒素によっておこる食中毒をいいます。

化学性食中毒(化学物質によっておこる食中毒です)

  • 有害金属(カドミウム、水銀)、化学物質(食品添加物など)があやまって食べ物に入っておこる食中毒です。
化学性食中毒のイメージ

自然毒による食中毒

  • 自然界の動物や植物が持っている毒物による食中毒をいいます。
    大きく分けて、動物が持っているものと植物が持っているものがあります。

    動物が持っているもの ― フグ毒や貝毒など。
自然毒による食中毒のイメージ
  植物が持っているもの ― 毒キノコや じゃがいもの芽、
              トリカブトなど。
きのこのイメージ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2343 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000040934