現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 食品衛生 >
  5. 飲食店等の営業 >
  6.  イベントで飲食物を提供したい
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課  >
  4.  食品衛生班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

イベントで飲食物を提供したい

 イベントで臨時的に飲食物を調理販売する場合には、保健所の許可や届出が必要です。
 取り扱うことができる品目や調理工程に制限がありますので、必ず事前に、イベント開催地を管轄する保健所へご相談ください

 県内保健所と管轄地はこちら ⇒ 各保健所

イベント会場で調理し販売する場合

 臨時営業許可が必要です。この場合、取り扱うことができる品目、調理工程、調理する場所等に制限があります。

品目について

 取り扱うことのできる品目は、原則1施設1品目で、以下のいずれかに該当する食品です。

既製品または下処理された食材を使用し、客に提供する直前に加熱調理されるもの
  
例:串焼き、唐揚げ、フライドポテト、焼きそば、温うどん、豚汁など
既製の清涼飲料水、酒精飲料の注ぎ分けや混和
かき氷(水のみでできた氷を使用するもののみ。シロップ等は既製品を使用すること。)

 許可できるかの判断材料としますので、品目、原材料、仕込場所、調理方法等を明確にしたうえで、保健所へご相談ください。
 

調理する場所について

・施設は、テント等で、屋根と側面3方の囲いがあること。
・施設は、2.5㎡以上で、すべての設備が入る十分な広さがあること。
・営業しない時間帯は、テント等の開放部分をシートや板等で封鎖できること。
・採光や換気が適切にできること。
・施設内に、水道水又は飲用に適する水を18L以上の営業に必要な量供給できる給水タンク(コック等で開閉できるもの)又は水道があること。(洗浄が必要な器具や食器がない場合は手洗い設備と兼用可)
・調理員用の手洗い設備と手指消毒薬を設置すること。
・冷蔵、冷凍が必要な原材料を使用する場合は、冷蔵冷凍庫やクーラーボックスがあること。
・ポリバケツ等のふた付きゴミ箱を設置すること。
・器具や食品を衛生的に保管する保管箱等を設置すること。
 

留意事項

・施設ごとに食品衛生責任者を設置すること。
 <食品衛生責任者の資格>
  調理師、製菓衛生師、栄養士、食品衛生責任者養成講習修了者など
・原材料等の下処理は、原則、許可施設で行うこと。許可がない場合であっても、調理室等食品を衛生的に取扱うことのできる施設で行うこと。
・販売用の食器は、使い捨てのものを使用すること。
・あらかじめ衛生管理計画を作成し、営業日には、衛生管理の実施記録をつけること。(HACCPに沿った衛生管理
 ※衛生管理計画や記録用紙は、業界団体が作成し、厚生労働省ホームページに掲載されている手引書を参考にしてください。
・営業中は、施設の見やすい場所に、保健所から交付される許可指令書又は許可申請書のコピーを掲示すること。
 

申請に必要な書類等

・営業許可申請書(露店・臨時用) 様式
・施設の構造及び設備を示す図面、会場内での設置場所を示す見取図 参考様式
・食品衛生責任者の資格を証明する書類:
 調理師免許証、食品衛生責任者養成講習修了証等(写し可)
・【上水道以外の水を使用する場合】水質検査証明書(写し可)
・手数料 2,000円(三重県収入証紙)

※申請書等を記入する際は、記入例を参照してください。
※許可期間は、イベントごとに1か月以内です。
※営業者が同じ場合は、隣接するテント3つまで1つの許可として申請できます。

 

学校の文化祭や自治会の夏祭り等で飲食物の提供を行う場合

 無料で行う場合(ふるまいなど)や、学校の文化祭、自治会の夏祭りのように参加者が限定されている場合は、許可は不要ですが、開催場所を管轄する保健所へ「イベント等食品提供届」を提出してください。
 ただし、許可が不要であっても、食中毒は発生します。事前に保健所へ相談し、食品の衛生的取扱い等の説明を受けてください。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 食品衛生班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2343 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041704