現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 食品衛生 >
  5. 乳肉衛生 >
  6.  BSE全頭検査見直し
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課  >
  4.  食品衛生班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成29年4月1日から健康牛の牛海綿状脳症(BSE)検査を廃止しました。

1 見直し内容

 平成29年4月1日からの健康牛のBSE検査を廃止

2 これまでの流れ

 平成13年9月、国内において初めて牛海綿状脳症(BSE)の発生が確認されたことを受け、同年10月より健康牛の全頭検査を開始しました。
 その後、国内外での飼料規制等の対策の結果によりBSEの発生数は大きく減少したことに加え、国内では平成15年以降に出生した牛についてBSE陽性牛の発生がないため、平成25年7月1日からは、対象を48か月齢超の牛として、BSE検査を行ってきました。
 平成29年2月13日に、厚生労働省は48か月齢超の牛に対し行ってきたBSEスクリーニング検査の結果が全て陰性であることから、厚生労働省関係牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則を改正し、平成29年4月1日からの健康牛のBSE検査を廃止することとしました。
 これを受けて、三重県においても平成29年4月1日から健康牛のBSE検査を廃止しました。

3 今後のと畜場におけるBSE対策

  平成29年4月1日以降は、24か月齢以上の神経症状等を示す牛のBSE検査、と畜場における牛の特定危険部位の除去等のBSE対策について引き続き実施していきます。

    

関連リンク

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 食品衛生班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2343 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041659