現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 資源管理 >
  5. 資源管理全般 >
  6.  TACによる資源管理
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産資源管理課  >
  4.  資源管理班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

TAC(漁獲可能量)による資源管理

TACによる資源管理について 

 国内では、さんま、すけとうだら、まあじ、まいわし、さば類(まさば及びごまさば)、するめいか、ずわいがに、くろまぐろの8魚種が指定され、総漁獲量の管理が行われています。
 三重県においては、さんま、まあじ、まいわし、さば類(まさば及びごまさば)、するめいか、くろまぐろの6魚種について、国から漁獲量の配分を受け、漁獲量の管理を行う資源管理が行われています。
 
                 三重県における都道府県別漁獲可能量   (令和2年12月時点)

特定海洋生物資源の種類

漁 期

R2漁獲可能量

R3漁獲可能量

さんま

1月~12月

若干

現行水準

まあじ

1月~12月

若干

現行水準

まいわし

1月~12月

145,000トン

60,000トン

まさば及びごまさば

7月~翌6月

25,000トン

するめいか

4月~翌3月

若干

くろまぐろ(小型魚)

4月~翌3月

58.7トン

くろまぐろ(大型魚)

4月~翌3月 26.7トン
            ※若干:過去の漁獲実績があるものの、資源に対する圧力が小さいと認められるもの
    ※現行水準:資源に与える影響が少ないため数量配分せず、漁獲努力量を通じた管理を行うもの
                                                                                   
    
三重県資源管理方針                        

三重県の海洋生物資源の保存及び管理に関する計画 

三重県の海洋生物資源の保存および管理に関する計画第1の別に定める「くろまぐろ」について


※令和2年12月1日の改正漁業法の施行に伴い、特定水産資源ごとに、以下のとおり「三重県資源管理方針」に基
 づく資源管理へと移行していきます。移行前は、「三重県の海洋生物資源の保存及び管理に関する計画」に基
 づき管理を行います。

   さんま、まあじ、まいわし :令和3年1月から
   するめいか、くろまぐろ  :令和3年4月から
   まさば及びごまさば    :令和3年7月から

漁獲量等の報告

 知事管理区分において特定水産資源を採捕したものは、漁業法第26条及び第30条の規定により、漁獲量等の報告が必要です。書面による報告の場合は下記の様式で報告が必要です。
  
  漁獲割当管理区分における報告様式                   様式1
  非漁獲割当管理区分(漁獲努力量管理区分を除く)における報告様式    様式2
  漁獲努力量管理区分における報告様式                  様式3
  漁業法の規定に基づく報告に係る事務に関する委任状           様式4
 

採捕に係る規制等

 知事管理区分において特定水産資源の漁獲量が積み上がり、知事管理漁獲可能量を超えるおそれがあると認める場合は、漁業法第31条に基づく漁獲量等の公表、法第32条に基づく助言、指導又は勧告、法第33条に基づく採捕の停止等を行うこととなっています。

◆漁業法第31条に基づく漁獲量等の公表

  現在、漁業法第31条に基づく公表はありません。


◆漁業法第32条に基づく助言、指導又は勧告

  現在、漁業法第32条に基づく助言、指導又は勧告はありません。

漁業法第32条第2項の規定に基づき三重県知事が行う助言、指導又は勧告に関する運用指針

◆漁業法第33条に基づく、採捕の停止等

  現在、漁業法第33条に基づく採捕の停止等はありません。

※くろまぐろに係る採捕の規制等は下記のページに記載してあります。
  HP:クロマグロの資源管理
 
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 水産資源管理課 資源管理班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2582 
ファクス番号:059-224-2608 
メールアドレス:suikan@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000117284