現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 漁業調整 >
  5. イカナゴ資源管理 >
  6.  明日のためのイカナゴ資源管理 伊勢湾でのイカナゴ資源管理手法を知る
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産事務所等  >
  3. 津農林水産事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

明日のためのイカナゴ資源管理

伊勢湾でのイカナゴ資源管理手法を知る

伊勢湾のイカナゴ漁業では、以前から三重県と愛知県の漁業者が連携して、自主的な漁業管理が行われてきました。これに今まで不足していた科学的根拠を加味することで、更に発展させたものが現在の資源管理手法となっています。

これは科学的根拠に基づいた我が国でも例の少ない浮魚を対象とした先駆的な資源管理の実践事例となっています。

具体的には、4つの方策を柱に、資源管理に取り組んでいます(図3)。

漁業は、3K(経験、勘、根性)と言われてきましたが、新しい3K(科学的、計画的、共有の意識)の時代になってきたようです。

図3 イカナゴ資源管理4つの柱

本ページに関する問い合わせ先

三重県 津農林水産事務所 〒514-8567 
津市桜橋3-446-34(津庁舎3階)
電話番号:059-223-5165 
ファクス番号:059-223-5151 
メールアドレス:tnorin@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000036513