現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 地域づくり >
  4. 土地 >
  5. 三重県の土地価格 >
  6.  令和2年地価公示の結果がまとまりました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 水資源・地域プロジェクト課  >
  4.  水資源・土地利用班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和02年03月19日

令和2年地価公示の結果がまとまりました

国土交通省土地鑑定委員会が実施した今回の地価公示では、県内住宅地293地点、商業地110地点等、計432地点について、令和2年1月1日現在の1平方メートル当りの土地の価格の判定が行われました。
 前年からの継続地点430地点のうち、238地点で地価が下落しました。地価上昇地点は、住宅地で80地点、商業地で38地点、工業地で6地点でした。横ばい地点は、住宅地で41地点、商業地で15地点、工業地で11地点でした。
 県内地価の対前年平均変動率は、住宅地・商業地が28年連続、工業地が27年連続して下落傾向を示しました。県全体として下落率は、前年より小さくなりました。
 全国の地価の対前年平均変動率は、住宅地で3年連続、商業地で5年連続、工業地で4年連続の上昇となり、それぞれ上昇基調を強めています。また、三大都市圏の平均変動率では、住宅地・商業地・工業地のいずれも上昇が継続し、東京圏と大阪圏では上昇基調を強めています。

住宅地の状況

 県全体では、平均変動率は▲0.7%(前年▲1.0%)となり、28年連続の下落となりました。下落率が大きい市町は、木曽岬町▲2.9%、鳥羽市▲2.4%、南伊勢町▲2.4%、紀北町▲2.4%、熊野市▲2.2%、尾鷲市▲2.1%、御浜町▲2.1%、名張市▲2.0%、志摩市▲2.0%、伊賀市▲2.0%でした。一方、川越町が0.3%、朝日町が0.2%、四日市市が0.1%の上昇となりました。
 平均価格は、38,300円/平方メートル(前年38,300円)で、最高価格地点は、津市大谷町(津-18)の113,000円/平方メートルでした。

商業地の状況

 県全体では、平均変動率は▲0.4%(前年▲0.8%)となり、28年連続の下落となりました。下落率が大きい市町は、南伊勢町▲2.8%、志摩市▲2.7%、尾鷲市▲2.5%、熊野市▲2.5%、名張市▲2.4%、鳥羽市▲2.2%、伊賀市▲2.2%、明和町▲2.1%でした。一方、四日市市1.2%、桑名市が0.6%、伊勢市が0.4%、菰野町が0.2%の上昇となりました。
 平均価格は、69,600円/平方メートル(前年69,400円)で、最高価格地点は、四日市市諏訪栄町(四日市5-1)の 400,000円/平方メートルでした。

工業地の状況

 県全体では、平均変動率は▲0.2%(前年▲0.7%)となり、27年連続の下落となりました。下落率が大きい市町は、松阪市▲1.3%、津市▲0.9%、伊賀市▲0.9%でした。一方、川越町が0.4%、四日市市が0.2%、鈴鹿市が0.2%の上昇となり、桑名市が横ばいとなりました。
 平均価格は、22,200円/平方メートル(前年22,200円)で、最高価格地点は、四日市市午起2丁目(四日市9-5)の 37,500円/平方メートルでした。

関連リンク

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 水資源・地域プロジェクト課 水資源・土地利用班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2010 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:shigen@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000236058