現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 三重県総合博物館 >
  5.  三重の実物図鑑 特集展示「三重の押出仏(おしだしぶつ)・塼仏(せんぶつ)」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 総合博物館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和04年04月23日

三重の実物図鑑 特集展示「三重の押出仏(おしだしぶつ)・塼仏(せんぶつ)」を開催します

 三重県総合博物館(MieMu)では、津市の鳥居古墳(とりいこふん)から出土した押出仏(おしだしぶつ)や、大来皇女(おおくのひめみこ)との所縁も指摘されている名張市の夏見廃寺(なつみはいじ)出土の塼仏(せんぶつ)を収蔵しています。今回はそれらを展示し、古代の仏教文化の一端を紹介します。

1 期間:令和4年5月7日(土)から7月3日(日)までの開館時間中

2 場所:三重県総合博物館3階 実物図鑑人文コーナー(津市一身田上津部田3060)
     ※どなたでも無料でご覧いただけます。

3 主な展示品
  ・銅板押出一光三尊像(どうばんおしだしいっこうさんぞんぞう)
   鳥居古墳から出土したもので、奈良時代前期の作品と考えられます。押出仏とは、薄い銅板を押し出
   して仏像の姿を浮き上がらせたものです。表面に施された鍍金がよく残る優品で、三重県の文化財に
   指定されています。
  
  ・塼仏吉祥天立像(せんぶつきっしょうてんりゅうぞう)
   同じく、鳥居古墳からの出土で、奈良時代後期の作品と考えられます。塼仏とは、仏の姿をレリーフ
   状にあらわした板状の焼き物です。この吉祥天像は、奈良の唐招提寺(とうしょうだいじ)に伝来す
   る吉祥天の押出仏と酷似していることで知られています。三重県指定文化財に指定されています。

  ・夏見廃寺出土塼仏
   夏見廃寺は、名張市夏見に所在した古代寺院で、発掘調査で金堂跡の周辺から多くの塼仏が出土しま
   した。奈良時代前期の作品で、三重県指定文化財に指定されています。

銅板押出一光三尊像(鳥居古墳出土)

夏見廃寺出土塼仏

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県総合博物館(MieMu) 〒514-0061 
津市一身田上津部田3060
電話番号:059-228-2283 
ファクス番号:059-229-8310 
メールアドレス:MieMu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000261612