現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 国際交流・国際展開 >
  4. 国際交流(友好・姉妹提携) >
  5. ブラジル・サンパウロ州 >
  6.  日系ブラジル人研修員が剣道技術の習得等を目的とした研修参加のため来県し、副知事を表敬訪問します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 国際戦略課  >
  4.  国際企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和02年03月19日

日系ブラジル人研修員が剣道技術の習得等を目的とした研修参加のため来県し、副知事を表敬訪問します

 2019年度日系社会研修員受入事業において、剣道有段者である日系ブラジル人研修員2名が剣道技術の習得や三重県内の団体及び学生との交流を目的に来県し、副知事を表敬訪問します。

1 日時  令和2年1月23日(木曜日) 10時30分から11時00分まで

2 場所  三重県庁3階 秘書課プレゼンテーションルーム(津市広明町13)

3 訪問者 
  研修員       高山 トーマス 元成(げんせい) 氏
   〃        マルチンス 森田 カロリーナ 明海(あけみ) 氏
  三重県剣道連盟   理事長 長谷川 恵一 氏
  公益財団法人三重県国際交流財団  常務理事兼事務局長  北村 文明 氏
     〃    国際教育課長  宇藤 美帆 氏
     〃    書記  酒徳 和代 氏(通訳)

4 対応者 三重県副知事     渡邉 信一郎
      三重県雇用経済部次長 増田 行信

【参考】
・日系社会研修員受入事業とは、日本の地方自治体、大学、公益法人、NGO等の団体等から提案を受け、JICAが、これらの団体等に日系社会研修員受入の実施を委託して行う国民参加型事業。中南米地域日系社会への技術協力を通じ、日系社会の発展と移住先国の国造りに貢献するとともに、国民に幅広く、これらの事業への参加を促進し、助長することを目的としている。
・今回は、公益財団法人三重県国際交流財団がJICAから委託を受けて事業を実施し、研修期間は1か月程度。

(開催後追記)表敬訪問では渡邉副知事から、研修員2名への歓迎の挨拶とともに、ブラジルサンパウロ州とは1972年に姉妹提携を結び、2013年には姉妹提携40周年を記念して鈴木知事がサンパウロ州を訪問するなど、ブラジルとこれまで様々な交流を行っていることや、今回の研修で得た知識や技術を持ち帰り、ブラジル剣道発展及び両国の発展のための懸け橋となり活躍してほしいことなどを話しました。また、研修を通じて得た出会いを大切にし、休日には県内を観光することでリフレッシュしていただきたいと伝えました。高山氏は、近年、指導者・指導力不足などの理由からブラジルでの剣道競技人口が減ってきているため、研修を通して自分に何が出来るか考えたいと述べ、森田氏は研修で学んだことを全て持ち帰りたいと述べました。

表敬訪問は終始、和やかな雰囲気の中行われ、最後に記念撮影を行いました。

白子高校では、剣道部員とともに田村先生の指導を受け、稽古にも参加しました。高山氏は、三重県にゆかりのある移住者でつくられる「ブラジル三重県人会」にある剣道部で、森田氏はサンパウロ州にある剣道場で指導者を務めることから、指導方法などについても熱心に聞いていました。

他にも、三重大学、皇學館大学、三重県警察の稽古や、三重県剣道連盟の合宿に参加するなど、研修員にとって貴重な経験となりました。写真は白子高校剣道部員との記念写真。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 国際戦略課 国際企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2844 
ファクス番号:059-224-3024 
メールアドレス:kokusen@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000234151