現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 観光 >
  4. 三重の観光 >
  5. 観光統計 >
  6.  「平成29年観光レクリエーション入込客数推計書・観光客実態調査報告書」をとりまとめました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 観光政策課  >
  4.  観光政策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年06月05日

「平成29年観光レクリエーション入込客数推計書・観光客実態調査報告書」をとりまとめました

 三重県では、平成29年の観光客の入込客数や実態を把握するために行った調査結果を、「平成29年観光レクリエーション入込客数推計書・観光客実態調査報告書」としてとりまとめました。

1 観光レクリエーション入込客数の結果
  平成29年   42,195千人
  平成28年   41,892千人
  増減数      303千人増
  対前年比     100.7%

(1)過去5年間の推移                         
     年       入込客数
   平成25年     40,799千人
   平成26年     38,243千人
   平成27年     39,212千人
   平成28年     41,892千人
   平成29年     42,195千人

(2)地域別の入込状況                      
   地域    H29      H28     対前年増減数  対前年比
   北勢    18,401千人  18,276千人    125千人   100.7%
   中南勢   7,955千人   8,239千人   △284千人   96.6%
   伊勢志摩 10,685千人  10,003千人    682千人    106.8%
   伊賀    3,058千人   3,026千人     32千人   101.1%
   東紀州   2,096千人   2,348千人   △252千人   89.3%
   合計   42,195千人  41,892千人    303千人   100.7%

(3)主な観光地点別の状況
  ①伊勢志摩地域の観光入込客数の増加
    伊勢志摩サミットのPR効果やお伊勢さん菓子博2017が盛況であったこと(来場者約58万人)
   などにより来訪者が増加。
   ・伊勢神宮(内宮、外宮):入込客数879万8,351人、対前年比5万9,140人増 100.7%
   ・おかげ横丁 :入込客数572万人 対前年比28万4,000人増 105.2%
   ・鳥羽水族館:入込客数84万2,156人、対前年比1万2,168人増 101.5%
   ・阿児旅館街:入込客数62万1,772人、対前年比6万890人増 110.9%
   ・三重県営サンアリーナ(お伊勢さん菓子博2017含む):入込客数81万318人 
     対前年比56万7,913人増 334.3%

  ②施設の誘客取組の効果
   ・ナガシマリゾート:入込客数1,530万人 対前年比20万人増、101.3%
    新機種「4Dスピンコースター嵐(ARASHI)の導入や施設内のアウトレットモール「ジャズ
    ドリーム長島」の第5期増床オープン(平成29年9月)などが集客に寄与。
   ・鈴鹿サーキット:入込客数204万3,714人 対前年比3万3,072人、101.6%
    ファン感謝デー(3月)やゴールデンウィークイベントの「働くクルマ大集合!!」などが
    集客に寄与
   ・志摩スペイン村:入込客数121万6,000人、対前年比8,000人、100.7%
    ゴールデンウィークイベントのライブスペクタクルショーなどが集客に寄与
   ・三重県立美術館:入込客数19万4,589人、対前年比8万8,082人増、182.7%
    開館35周年記念「テオ・ヤンセン展」(7月15日~9月18日)が好評
   ・県立熊野古道センター:入込客数12万2,656人、対前年比1万55人増、108.9%
    ゴールデンウィーク芝生広場イベントや夏休みスペシャル体験教室が好評

  ③新たな誘客の創出
   ・伊勢志摩サミット記念館「サミエール」の開館(5月):入込客数14万5,380人  
   ・四日市港:入込客数5万3,414人 対前年比9,515人増、121.7%
     客船寄港や寄港時の「船内見学会」の実施が集客増に寄与
   ・石取祭(8月):入込客数40万人、対前年比10万人増、133.3%
     ユネスコ無形文化遺産登録の効果が集客増に寄与
   ・椿大神社:入込客数152万5,000人、対前年比6万5,000人増、104.5%
     近傍の鈴鹿の森庭園(梅林)の来場者が訪れるなどの相乗効果により増加
   ・和牛サミットの実施(10月):入込客数1万5,000人
   ・いつきのみや地域交流センターの開館(4月):入込客数 1万7,029人

  ④台風21号・22号の影響
    10月下旬に台風21号・22号が接近して大雨となった結果、10月の三重県全体の観光入込客数※
   が対前年比61万5,000人の減(79.4%)となるなど、県内各地の入込に影響を与えました。
    ※月別数値の報告がない調査地点を除く。

【参考】県内主要施設の平成29年のインバウンドの状況
    伊賀流忍者博物館やミキモト真珠島には様々な国・地域から前年を上回る外国人の来訪があり、
   また伊勢神宮の来訪者は昨年に引き続き10万人を超えました。

    ①伊賀流忍者博物館
     平成29年度入込客数 約2万9,000人 対前年比 約111%
     台湾、香港などのアジアを中心に欧州(北欧、東欧を含む)、北米、南米、オセアニア、
     アフリカなどの幅広い国・地域から訪問。

    ②ミキモト真珠島
     平成29年入込客数 約3万3,000人 対前年比 約108%
     台湾、香港などアジア諸国・地域やG7各国から訪問。

    ③伊勢神宮(内宮、外宮)
     平成29年入込客数約10万4,000人 対前年比 約95%

2 観光客実態調査の結果
  この調査は観光客の実態を把握するため、県内観光施設14地点で調査員による聞取により実施
しています。平成29 年度の調査については、年4回(5月、8月、10月、1月)に、聞取調査を
  実施し、3,145人から回答がありました。

(1)主な観光客実態調査の結果
 ①総合満足度【報告書44ページ】
  平成29年度 18.5% (前年度26.7%)
  ※「大変満足」から「大変不満」までの7段階評価のうち、「大変満足」と回答された割合
 ②「リピーター率」【報告書38ページ】
  平成29年度 91.5% (前年度92.2%)
 ③リピート意向率(三重県への再来訪の意向率)【報告書45ページ】
  平成29年度 86.1% (前年度85.9%)
  ※「大変そう思う」から「全く思わない」までの7段階評価のうち、「大変そう思う」と
   「そう思う」の割合の合計

(2)観光消費額について
   観光レクリエーション入込客数推計と観光客実態調査結果を用いて算定する、平成29年の県全体
  の観光消費額は5,273億円となり、前年に比べて354億円の増加となりました。

3 今後の方針
  調査結果を観光施策の実施に向けた基礎資料として有効活用し、官民一体となった効果的な誘客
 取組を実現することで、観光客の満足度の向上や観光消費額の増加に努めます。

 
※添付資料
別紙1 観光レクリエーション入込客数(実数)の推移
別紙2 観光地点等分類ごとの入込客数
別紙3 観光客実態調査結果の概要

≪参考≫
(1)観光レクリエーション入込客数
  ・調査期間:平成29年1月1日から平成29年12月31日まで
  ・調査地点:年間の入込客数が5万人以上又は特定時期の入込客数が月間5千人以上となる観光地
  ・調査方法:県内市町等からの報告
  ・観光入込客数の算出:観光入込客の延数を「平均立寄り地点数」で割って実数を算出しています。
(2)観光客実態調査
  ・調査時期:5月、8月、10月、1月(年4回)
  ・調査地点:県内観光施設14地点
   【北勢】ナガシマリゾート、湯の山温泉(御在所ロープウエイ)、鈴鹿サーキット
   【中南勢】道の駅「津かわげ」、道の駅「飯高駅」、五桂池ふるさと村
   【伊勢志摩】おかげ横丁、ミキモト真珠島、志摩スペイン村
   【伊賀】上野公園、伊賀の里モクモク手づくりファーム、赤目四十八滝
   【東紀州】鬼ヶ城センター、道の駅「紀伊長島マンボウ」
  ・調査方法:調査員による聞取調査(回答者数3,145人)

関連資料

  • 観光レクリエーション入込客数(実数)の推移(PDF(170KB))
  • 観光地点等分類ごとの入込客数(PDF(205KB))
  • 観光客実態調査結果の概要(PDF(129KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 観光局 観光政策課 観光政策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁1階)
電話番号:059-224-2077 
ファクス番号:059-224-2801 
メールアドレス:kanko@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000215119