現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 観光 >
  4. 三重の観光 >
  5. 観光統計 >
  6.  ゴールデンウィーク期間中の観光入込客数を発表します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 観光政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年05月11日

ゴールデンウィーク期間中の観光入込客数を発表します

 本年のゴールデンウィーク期間(平成31年4月27日から令和元年5月6日、10日間)の県内主要観光施設(21施設)の観光入込客数(延数)は、3,002,858人となりました。
 対前年比142.4%、1日当たりでも128.2%と、県内全域で前年を上回り、特に伊勢志摩地域188.4%、東紀州地域141.5%となっています。

1 期間
  平成31年4月27日(土)から令和元年5月6日(月・休)までの10日間

2 調査結果
 ・ゴールデンウィーク期間中の入込客数(延数)
  平成31年4月27日から令和元年5月6日(10日間)・・・3,002,858人
  平成30年4月28日から5月6日(9日間)・・・・・・・2,108,418人
  増減数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・894,440人増
  対前年比・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・142.4%
 
 ・1日あたりの入込客数(延数)
  平成31年4月27日から令和元年5月6日(10日間)・・・300,286人
  平成30年4月28日から5月6日(9日間)・・・・・・・234,269人
  増減数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・66,017人増
  対前年比・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・128.2%

3 特徴
(1)改元、熊野古道世界遺産登録15周年による三重県への注目
・改元により、神宮への注目度が高まったこと、御朱印を求める参拝者が増えたことから、神宮の参拝者数
 は88万2,152人と昨年の2倍以上となりました。また、伊勢志摩地域においては、志摩スペイン村(一日
 あたりの入込客数対前年比134.4%)、鳥羽水族館(同128.4%)、ミキモト真珠島(同111.5%)も増
 加しています。
・改元と熊野古道世界遺産登録15周年が重なったことから、道の駅「熊野・花の窟」(お綱茶屋)
 (同175.3%)、鬼ヶ城センター(同126.0%)、道の駅「紀伊長島マンボウ」(同113.6%)、県立熊野古道
 センター(同111.0%)と東紀州地域に注目が集まりました。

(2)観光施設における魅力ある取組の実施
・志摩スペイン村では、25周年アニバーサリーにちなんだナイトスペクタクルショーや、期間限定アトラ
 クション謎解き屋内迷路等が好評でした。
・鳥羽水族館では生きものたちと間近でふれあえるゴールデンウィークイベントに加え、直前のテレビ放映
 で注目度が上がっていたことにより、多くの方が訪れました。
・ミキモト真珠島ではゴールデンウィークイベント「真珠のティアラではいポーズ」や「ストラップ、万華
 鏡作り体験」が好評でした。
・伊賀流忍者博物館では、特別記念御朱印の授与が好評でした。
・鈴鹿サーキットでは、「みて!きいて!さわって!のれる!ゴールデンウィーク乗り物大集合」等が人気
 でした。

4 調査協力施設
 【北勢】  ナガシマリゾート、御在所ロープウエイ、鈴鹿サーキット、
 【中南勢】 御殿場海岸、松阪農業公園ベルファーム、五桂池ふるさと村、奥伊勢フォレストピア
 【伊勢志摩】神宮(内宮・外宮)、おかげ横丁、ともいきの国伊勢忍者キングダム、鳥羽水族館、
       ミキモト真珠島、志摩スペイン村
 【伊賀】  伊賀上野城、伊賀の里モクモク手づくりファーム、伊賀流忍者博物館、赤目四十八滝
 【東紀州】 県立熊野古道センター、道の駅「紀伊長島マンボウ」、
       道の駅「熊野・花の窟」(お綱茶屋)、鬼ヶ城センター

関連資料

  • ゴールデンウィーク期間中の県内主要施設の観光入込客数集計表(PDF(89KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 観光局 観光政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁1階)
電話番号:059-224-2077 
ファクス番号:059-224-2801 
メールアドレス:kanko@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000226358