現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. 少子化対策 >
  5. 少子化対策総合 >
  6.  第2回イクボス充実度アンケート調査で、三重県が都道府県部門の第1位になりました!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 少子化対策課  >
  4.  少子化対策推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和02年11月05日

第2回イクボス充実度アンケート調査で、三重県が都道府県部門の第1位になりました!

 令和2年11月4日(水曜日)、特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパンが主催する、第2回イクボス充実度アンケート調査の結果が発表され、都道府県部門で三重県が前回に引き続き第1位になりました。

1.第2回イクボス充実度アンケート調査について
(1)調査の概要
 調査対象:都道府県および令和2年3月末までにイクボス宣言を行った市区町村
 調査方法:WEBフォームによる回答
 調査項目:・プロセス調査(イクボス推進の環境整備状況)
      ・成果調査(イクボスを推進したことによる客観的な成果数値)
 調査期間:令和2年3月31日から9月30日まで
 主  催:特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン

(2)調査結果(ランキング)
  ・都道府県部門          ・市区町村部門
   第1位 三重県          第1位 北九州市(福岡県)
   第2位 鳥取県          第2位 千葉市(千葉県)
   第3位 広島県          第3位 山形市(山形県)

(3)発表
 11月4日にファザーリング・ジャパンのホームページで発表されました。

2.三重県のイクボスの取組について
 三重県では、イクボスの普及・啓発のため、次のような取組をすすめています。

(1)事業主としての県庁の主な取組
  ・知事が「男性育休100%宣言」に自治体の首長として初めて賛同
  ・県庁内中堅職員グループが作成した「イクボス普及啓発チラシ」を活用した啓発
  ・イクボスが現場で実践するためのツール(組織マネジメントシート、育児参画計画書等)の導入

(2)地域の企業などを対象とした主な取組
  ・経済団体と連携した「みえのイクボス同盟」への加盟促進
  ・イクボス伝道師の養成
  ・保育所に特化したイクボス推進など、業種別の特徴に応じた取組
  ・NEXT親世代(高校生などの若年層)への普及啓発の実施

※参考:特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパンとは
 『「よい父親」ではなく「笑っている父親」を増やし、ひいてはそれが働き方の見直し、企業の意識改革、社会不安の解消、次世代の育成に繋がり、 10年後・20年後の日本社会に大きな変革をもたらすということ』を目的(ミッション)としてさまざまな事業を展開しているNPO法人です。

関連リンク

本ページに関する問い合わせ先

連絡先
  子ども・福祉部 総務部
担当課 少子化対策課 人事課
担当者 川端・小川 馬場・日沖
電話 059-224-2404 059-224-2103
ファクス 059-224-2270 059-224-3170
e-mail shoshika@pref.mie.lg.jp jinji@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000244052