現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5.  新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内延べ86例目)【令和2年7月29日発表】
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 薬務感染症対策課  >
  4.  感染症対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内延べ86例目)【令和2年7月29日発表】

 7月29日に確認された、新型コロナウイルス感染症患者(県内延べ86例目)について、四日市市が以下のとおり、市政記者クラブに報道資料提供を行っています。
 本件については、保健所設置市である四日市市において、濃厚接触者の把握などの調査を確実に行っていきますが、三重県としても連携を密にしながら県民の皆様の不安解消に向けて取り組んでいきます。
 
<四日市市報道資料提供>
 
                                 令和2年7月29日
                                 四日市市保健所長
  新型コロナウイルス感染症の感染者発生について(14例目、県内86例目)
 
  7月29日に新型コロナウイルス感染症が疑われる方について実施した検査の結果が判明し、陽性が確認されました。
 内容につきましては、次の通りです。
 今後、本件について、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査、健康観察等を確実に行ってまいります。
【概要】
(1)年 代:20代
(2)性 別:男性
(3)居住地:四日市市
(4)職 業:会社員
(5)症状・経過:
  7月26日 咽頭痛、頭痛、味覚・嗅覚障害あり。
  7月27日 症状持続、市内医療機関を受診、検体採取。
  7月28日 全身倦怠感、味覚・嗅覚異常持続。
  7月29日 PCR検査結果、陽性と判明。
       県内医療機関への入院。(現在、味覚・嗅覚障害のみ継続)
(6)行動歴:7月17日       名古屋市内の飲食店利用。
       7月20日~7月22日 職場で勤務。
       7月25日       市外の親族宅へ自家用車にて訪問。
   日常的にマスクを着用。通勤は自家用車を利用。
(7)今後について
   濃厚接触者については調査を行い、検査を実施するとともに、健康観察を行います。
   現時点で特定されている濃厚接触者は、患者の親族9名(うち1名は同居家族)です。
 
※ 本情報提供は、感染症法第16条第1項の規定に基づき、感染症予防啓発のために行うものです。報道機関各位におかれましては、患者等の個人に係る情報について、プライバシー保護等の観点から、提供資料の範囲内での報道に、格段の御配慮をお願いします。

○ 今後とも国、県などの関係機関と密に連携しながら、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。

○ 市民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、咳エチケットや手洗いの徹底などの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

○ 次の症状がある方は四日市市保健所 帰国者・接触者相談センター(電話番号059(352)0594)に相談してください。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です)

詳細は四日市市保健所保健予防課 (電話 059‐352‐0595)にお問合せください。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 薬務感染症対策課 感染症対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2352 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:yakumus@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000241134