現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 県議会に関すること >
  5. 知事提案説明 >
  6.  令和元年三重県議会定例会 知事提案説明(追加提案・その8)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

令和元年三重県議会定例会 知事提案説明(追加提案・その8)

 それでは、ただいま上程されました議案につきまして、その概要を説明いたします。
 認定第5号から第17号までは、平成30年度一般会計及び特別会計にかかる歳入歳出決算について、それぞれ認定をお願いするものです。

 一般会計につきましては、歳入決算額は7,324億3,752万円余、歳出決算額は7,156億5,661万円余で、歳入決算額から歳出決算額を差し引いた形式収支から、翌年度へ繰り越すべき財源である104億2,966万円余を差し引いた実質収支としまして、63億5,124万円余の剰余が生じました。
 このうち、2分の1に相当する31億8,000万円を地方自治法第233条の2の規定に基づき財政調整基金に積み立て、残余の31億7,124万円余を翌年度へ繰り越すこととしました。
 また、県債管理特別会計など12の特別会計につきましては、歳入決算額は3,619億7,794万円余、歳出決算額は3,566億4,794万円余で、歳入決算額から歳出決算額を差し引いた形式収支から、翌年度へ繰り越すべき財源である2億5,258万円を差し引いた実質収支としまして、50億7,742万円余の剰余が生じましたので、翌年度に繰り越すこととしました。

 次に、報告事項について説明いたします。
 報告第60号は、私債権の放棄について、条例に基づき、報告するものです。
 報告第61号及び第62号は、関係法律に基づき、健全化判断比率及び特別会計の資金不足比率について、それぞれ報告するものです。

 なお、平成30年度決算及び健全化判断比率等につきましては、監査委員の審査を経ておりますことを申し添えます。

 以上をもちまして提案の説明を終わります。
 なにとぞ、よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000231696