現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 廃棄物とリサイクル >
  4. 各種報告書(廃棄物関係) >
  5. 一般廃棄物処理事業のまとめ  >
  6.  平成22年度 一般廃棄物処理事業のまとめ 概要
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 廃棄物・リサイクル課  >
  4.  リサイクル推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

一般廃棄物処理事業のまとめ(平成22年度)の概要

 毎年、一般廃棄物行政施策の基礎資料とするため、環境省が一般廃棄物処理事業実態調査を実施しております。
 このたび、三重県の市町及び事務組合の処理実態(平成22年度実績)について、とりまとめましたのでお知らせします。
 平成22年度の県内のごみ処理の状況は以下のとおりでした。

平成22年度の県内のごみ処理の状況

排出及び処理の状況

排出の状況

 平成22年度における県内のごみ排出量は629千tで、うち家庭から排出される生活系ごみが460千t(73%)、事業系ごみが169千t(27%)となりました。生活系ごみは前年度比3.6%の削減、事業系ごみは4.7%の削減となりました。

 ごみ排出量の推移

 

 1人1日当たりのごみ排出量は、ここ数年は減少傾向にあります。平成22年度の実績は966gとなっていて、前年度比3.4%の削減となり、全国の1人1日あたりのごみ排出量(976g)を初めて下回りました。

1人1日当たりのごみ排出量の推移

※国の「ごみ総排出量」の定義の変更に合わせて、新基準により算出しています。なお、平成17年度以前のデータも同様に修正しています。

 

処理の状況

資源化

 ごみの資源化量及び資源化率は、18年度までは年々増加、上昇傾向にありましたが、19年度以降は横ばい傾向となっています。平成22年度の資源化率は30.6%となっています。

ごみの資源化率の推移

 

最終処分

 ごみの最終処分量は、ガス化溶融施設による市町焼却施設からの焼却灰のスラグ化や容器包装リサイクル法による容器包装廃棄物の分別収集などにより資源化量が増加したため、年々減少しており、平成22年度で55千t となっています。55千t のうち直接埋立量が32千t(58%)で、焼却等中間処理残さの埋立量が23千t(42%)となっています。

ごみの最終処分量の推移

  

排出・処理の全体の流れ

 平成22年度に三重県内で発生した一般廃棄物(ごみ)の排出及び処理の全体の流れは下記をご覧ください。

ごみの排出及び処理の状況(平成22年度)(PDF:9KB)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 廃棄物対策局 廃棄物・リサイクル課 リサイクル推進班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2385 
ファクス番号:059-222-8136 
メールアドレス:haikik@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000047386