現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 学校教育 >
  6. 出前授業 >
  7.  新鹿小学校で出前授業を実施しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

新鹿小学校で出前授業を実施しました

 11月28日(火)、熊野市立新鹿小学校で出前授業を実施しました。対象は5,6年生15名です。
 今回は縄文時代・弥生時代から奈良時代までの生活について紹介しました。教材として埋蔵文化財センター製作の食事模型を持参しました。それぞれの時代に食事模型を並び替えるなど、当時の様子について考えることを通じて、古代の世の中について学習しました。 
 また、今回の授業では食事がテーマだったこともあり、県内の遺跡から出土した農具や、それをもとに復元した農具や貫頭衣も持参し、体験してもらいました。
 さらに、出前授業では行き先近隣の遺跡地図を作成して配布していますが、新鹿小学校周辺にもたくさんの遺跡があり、児童によっては自宅が遺跡に含まれているという場合もあって、遺跡の存在を身近に感じてもらうことができたかと思います。
 授業の感想では「貫頭衣と農具でむかしの人になりきれた」「自分の家が遺跡の中にあったので調査してみたい」といった声が聞かれました。今後も地域の歴史に関心を持ってもらえるように取り組みます。

食事模型を使った授業

遺物の観察

貫頭衣と農具で古代人になってみる

今回持参した遺物 左上は石包丁

古代の農具(鋤と田下駄)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000209154