現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 催し物 >
  6. 展示 >
  7.  県民ホール・県庁舎での展示
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

埋蔵文化財センター

県民ホール・県庁舎での展示

県庁 県民ホール

「道瀬(どうぜ)遺跡の展示」


 
 今回の県庁舎1階県民ホールでの展示では、平成9・10年度の調査によって発掘された道瀬遺跡の出土品を紹介します。
 道瀬遺跡は紀北町紀伊長島区にあります。道瀬海岸近くの砂堆(さたい)上にあり、発掘調査では古墳時代の土器が大量に出土したほか、鎌倉時代の製塩遺構も確認されています。
 出土品の中には、関東系の須恵器を模倣した土器や、近畿地方や東海地方から搬入された土器が含まれ、海を介した広域な交流があったことがわかります。
 今回は製塩用土製平釜など、計14点を11月下旬まで展示しています。お近くにお越しの際にはぜひご覧ください。



 

松阪庁舎

「縄文人の集団墓地!!大原堀遺跡展」

  今回の松阪庁舎1階ホールでの展示では、松阪市の大原堀遺跡(おおはらぼりいせき)を紹介します。
 大原堀遺跡は松阪市広瀬町の櫛田川中流域に広がる遺跡です。ここから縄文晩期(滋賀里Ⅲ・Ⅳ式頃・約2,500年前)のお墓が28基見つかりました。その内、縄文土器を棺(ひつぎ)として使用した土器棺墓は14基で、ちいさな赤ちゃんを納めたとする説があります。
 この展示は11月下旬までの予定です。お近くにお越しの際にはぜひご覧ください。


 

伊賀庁舎

「長遺跡の弥生時代展」

 今回、伊賀庁舎1階ホールでの展示では長(なが)遺跡の出土品を紹介します。
長遺跡は津市河辺町(こうべちょう)にあります。安濃川上流、標高約40mの丘陵地にあり、発掘調査では今から約2000年前の弥生時代中頃のものと思われる住居跡が丘陵を埋め尽くすように存在しているのがみつかりました。
 今回は出土した弥生土器や石の矢じり、石斧等の石器、計15点を11月下旬まで展示しています。お近くにお越しの際には、ぜひご覧ください。(活用支援課)
 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000212302