現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 社会教育 >
  6. 出前講座 >
  7.  名張市郷土資料館の「なばり学教室」で出前講座を行いました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター  >
  4.  活用支援課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

名張市郷土資料館の「なばり学教室」で出前講座を行いました

  9月23日(土)、名張市の「なばり学教室」の一環として弥生土器づくりを行いました。当日は小学2年生から6年生までの小学生10組(12名)と保護者の方が参加されました。最初に弥生土器の特徴や、今回制作する「甕(かめ)」について解説した後、スライドや実演で作り方を説明しながら、作業を進めていきました。
 
 粘土ひもを積み上げることに苦労する児童もいましたが、保護者の方々やサポートに入ったスタッフの支援も得ながら、全員で甕を作成することができました。
 
 事後アンケートでは、ほとんどの参加者が「とても楽しかった」と回答され、「初めての土器づくりでハプニングとかあったけど、自分の好みの型の土器ができてよかったです」「ふだんの生活や学校の授業では体験できないことで、こどもと共にとても有意義な時間を過ごすことが出来ました」などの声が寄せられました。
 
 今回の講座は昨年度、埋蔵文化財センターのイベント「なんでも実験考古学 弥生土器をつくる」に参加していただいたサポートスタッフの方と連携して実施しました。今後も当センター主催のイベント等で得たノウハウを、市町等の教育機関や、地域のサポートスタッフと共有しながら、県民の皆さまに郷土の歴史や文化の魅力を発信していきたいと考えています。







 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 活用支援課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7034 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000279617