現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. おさかな図鑑 >
  5. おさかな・水生生物図鑑 >
  6. 三重県産淡水魚リスト >
  7.  アブラハヤ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

アブラハヤ

コイ目コイ科

アブラハヤ

三重県における分布

県内に広く分布します。

全長

5~10cm

生態

主に川の上・中流域で見られます。
産卵は春から夏にかけてで、川底に産卵します。

つかまえ方

投網、もんどりなどでつかまえることができます。

レッドデータブック

 

研究員から一言

アブラハヤという名のとおり、さわるとぬるぬるします。
タカハヤと非常によく似ており、一目見てどちらかを見分けることができる人はいるでしょうか?
アブラハヤは体側中央に黒い縦縞(魚は頭から尻尾にかけての縞を縦縞といいます)があることが多く、尻ビレの付け根がタカハヤに比べて細いことなどで見分けることができます。
水産庁レッドデータブックでは減少傾向とされていますが、三重県内では河川上流域で普通に見られます。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 〒510-0243 
鈴鹿市白子1丁目6277-4
電話番号:059-386-0163 
ファクス番号:059-386-5812 
メールアドレス:ise-bay0@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051107