現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. おさかな図鑑 >
  5. おさかな・水生生物図鑑 >
  6. 三重県産淡水魚リスト >
  7.  アマゴ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

アマゴ

サケ目サケ科

アマゴ

三重県における分布

県内の川の上流域に広く分布します。
種苗の放流も盛んに行われています。

全長

8~25cm

生態

動物食性で産卵期は秋。
アマゴには一生を川の上流域で過ごすタイプと、海に下って成長し、また川に登ってくるタイプがいます。海に下るものはサツキマスと呼ばれ、宮川水系や熊野川水系などでみられます。

つかまえ方

ミミズやイクラをエサにしたエサ釣りやルアー釣り、最近ではフライフィッシングの対象としても人気があります。レッドデータブック

一部の減流域にすむ無紋型アマゴの個体群(イワメ)は、絶滅危惧ⅠA類(CR)三重県レットデータブック(2015)に指定されています。

研究員から一言

渓流域の女王と呼ぶにふさわしい美しい魚体をした魚です。美味な魚であり、内水面漁協による河川への放流が行われています。
産卵期の雄は鼻が曲がり、サケのようにみえます。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 〒510-0243 
鈴鹿市白子1丁目6277-4
電話番号:059-386-0163 
ファクス番号:059-386-5812 
メールアドレス:ise-bay0@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051110