現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. おさかな図鑑 >
  5. おさかな・水生生物図鑑 >
  6. 三重県産淡水魚リスト >
  7.  ボラ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

ボラ

スズキ目ボラ科

ボラ

三重県における分布

伊勢湾、熊野灘に流入する川に分布します。

全長

10~50cm

生態

雑食性で産卵期は秋から冬。
おもに海を生活の場としますが、稚魚期を中心に河口付近にたくさん来遊します。

つかまえ方

ゴカイなどをエサにしたエサ釣りで釣れることがあります。
また、冬になると目に脂瞼(しけん)という膜が発達して視力が低下することを利用して、ひっかけ針で引っかける釣りも行われます。

レッドデータブック

記載はありません。

研究員から一言

ボラの卵巣はからすみという高級な食品の原料で,県内では紀伊長島から尾鷲方面で加工されています。
また,胃はそろばんの玉のような形をしており,好んで食べる人もいます。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 〒510-0243 
鈴鹿市白子1丁目6277-4
電話番号:059-386-0163 
ファクス番号:059-386-5812 
メールアドレス:ise-bay0@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051113