現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. おさかな図鑑 >
  5. おさかな・水生生物図鑑 >
  6. 三重県産淡水魚リスト >
  7.  マハゼ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

マハゼ

スズキ目ハゼ科

マハゼ

三重県における分布

伊勢湾と熊野灘に注ぐ川に分布します。
河口を中心にや内湾などに広く分布しています。

全長

8~20cm

生態

雑食性で産卵期は冬。

つかまえ方

ゴカイなどをエサにしたエサ釣りなどでつかまえることができます。

レッドデータブック

記載はありません。

研究員から一言

マハゼは天ぷらの材料として有名です。
伊勢湾沿岸では北西風が吹く秋の日中、マハゼが海面や波打ち際に集まることがあり、そんな日にはたも網や投網でたくさんマハゼをつかまえることができます。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 〒510-0243 
鈴鹿市白子1丁目6277-4
電話番号:059-386-0163 
ファクス番号:059-386-5812 
メールアドレス:ise-bay0@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051136