現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. おさかな図鑑 >
  5. おさかな・水生生物図鑑 >
  6. 三重県産淡水魚リスト >
  7.  ヌマムツ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

ヌマムツ

コイ目コイ科

ヌマムツ

三重県における分布

おもに北中勢地方や伊賀地方に分布します。

全長

5~15cm

生態

雑食性で産卵期は春から夏。

つかまえ方

投網やミミズなどをエサにしたエサ釣りでつかまえることができます。

レッドデータブック

記載はありません。

研究員から一言

カワムツA型と呼ばれていましたが,2003年に正式に「ヌマムツ」と分類されました。
ヌマムツは胸ビレと腹ビレに赤い部分があることで,カワムツ(旧カワムツB型)と見分けることができます。
ヌマムツはカワムツより下流でやや水の汚いところに分布することが多いです。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 〒510-0243 
鈴鹿市白子1丁目6277-4
電話番号:059-386-0163 
ファクス番号:059-386-5812 
メールアドレス:ise-bay0@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051143