現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. おさかな図鑑 >
  5. おさかな・水生生物図鑑 >
  6. 三重県産淡水魚リスト >
  7.  オオクチバス
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

オオクチバス

スズキ目サンフィッシュ科

オオクチバス

三重県における分布

北アメリカ原産の魚です。
残念ながら,放流により県内に広く分布しています。

全長

10~50cm

生態

肉食性で産卵期は春から夏。
川や池の底に巣を作って産卵し、卵やふ化した稚魚は雄親に守られて育ちます。
オオクチバスはモロコやタナゴなど、もとからそこにいた魚たちを大量に食べることから、生態系を攪乱する魚として問題視されています。

つかまえ方

ミミズなどをエサに使ったエサ釣りや、ルアー釣りなどでつかまえることができます。

レッドデータブック

記載はありません。

研究員から一言

一般にはブラックバスと呼ばれますが、オオクチバスが正式な名前です。
外来生物法で特定外来生物に指定されており、飼育、輸入・野外に放つことなどが禁止されています。

ページのトップへ戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 鈴鹿水産研究室鈴鹿水産研究課 〒510-0243 
鈴鹿市白子1丁目6277-4
電話番号:059-386-0163 
ファクス番号:059-386-5812 
メールアドレス:ise-bay0@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051145